[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

【水戸】株式会社 小田倉建設「ホーリーホックを通じて城里町に貢献したい」

2016 08/27  07:19

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は水戸ホーリーホックを中心としたWEBマガジン「デイリーホーリーホック」からスポンサーの小田倉建設に関する記事になります。



【HHレポート】[HOLY SPONSORS]第34回・株式会社 小田倉建設「ホーリーホックを通じて城里町に貢献したい」(2016/8/23) ※無料記事デイリーホーリーホック
2016年08月23日

DSC_1960.jpg
【写真 米村優子】

水戸ホーリーホックを支えてくれるスポンサーさんにお話を聞く企画「HOLY SPONSORS」。第34回目にレポートさせていただいたのは、ホーリーくんユニフォーム(シューズ)スポンサーの「株式会社 小田倉建設」です。どのような思いを抱いて水戸の支援を始め、継続しているのか、代表の小田倉浩也さんにインタビューした模様をお伝えします。

ホーリーくんユニフォーム(シューズ)スポンサー
株式会社 小田倉建設 小田倉浩也さん


子どもの目に触れやすく、説明しやすいホーリーくんのスポンサー

スポンサーになったきっかけは、ウェブです。
当社のホームページが検索で上位に表示されるためのSEO対策をしている中で、色々な企業やスポーツクラブのページを見ていたのですが、その一つが水戸ホーリーホックでした。
私が生まれ育ち、当社の事務所もある城里町はホーリーホックのホームタウン推進協議会の一員。
私自身は幼い頃から元々野球をしていたので、サッカーはあまり詳しくないのですが、我が子達が通う城里町内の小学校にはホーリーくんが来校してくれたこともあり、子ども達のホーリーホックに関する質問に答えるために、少しクラブに関して調べたこともあったのです。
私自身、ホーリーホックのバスをよく見かけていましたし、身近な地元のプロクラブでした。

いざホーリーホックのホームページを読んでみると、サッカー以外での地域貢献活動を精力的に取り組んでいることがわかりました。
当社もホーリーホックと同じく地域密着の企業であり、例えば1件の施工料の数%を地元のボランティアや地元のスポーツ振興に還元するなどの地域貢献にいつか取り組んでいきたいと常々考えていたので、その点に共感を覚えました。
もちろん仕事のやりがいは日々感じていますが、我々が頑張ることで、ホーリーホックの強化にも繋がり、地域活性化、地域貢献できるという先が広がる大きな目標も生み出せると思ったのです。
そんな思いから昨シーズンからスポンサーとなり、今季で2年目となります。

従業員らの子どもが「パパが勤めている会社ってどんな所なんだろう?」と調べた時に、ホーリーくんの靴に会社の名前が入っていれば、子どもの目に触れやすく、説明しやすい。
そう考え、今年からホーリーくんの靴のスポンサーとなりました。
これには私の子ども達もとても喜んでくれていますし、「今度スタジアムで観戦してみようか」と家族の会話も更に増えました。
子どもらの地元愛がどんどん深まっていると実感しています。

様々な地元企業や行政がクラブや選手を支え、様々な環境を整えることが重要

再来年、城里町にホーリーホックの新クラブハウスができることは、町に感謝したいですね。
プロが自分たちの住んでいる地域にいることで、地元の子ども達がスポーツに対して関心が高まりますし、将来の目標になります。
鹿嶋市もアントラーズがあることでサッカーも盛んですし、クオリティーも高い。
私は小学時代に野球の全国大会で優勝した経験を持ちますが、幼少期は指導者の指示やトレーニング方法が大きく影響します。
特に旧常北地区はサッカー少年少女が多いですし、プロクラブの指導者のトレーニングを見たり、受けられたりする環境が身近にあることは、城里町の子どもらに非常に有り難いです。

城里町は地元企業も少なく、子ども達が面白く楽しめるスポットやイベントが減り続けています。
これからもホームタウンの城里町にホーリーくんが各種イベントに来て、子ども達とレクレーションをしながら盛り上がってくれたら、それはとても喜ばしいことです。

水戸ホーリーホックは、まだこれからの選手が多いクラブ。
選手のファンサービスも大事ですけれども、しっかりと実力を付けることは更に重要です。
私自身スポーツをやっていた経験から、精神面のコンディションもプレーに大きく影響します。きっと年俸もそうでしょう。
やはりプロクラブですから資金力がものを言う世界。
クラブは良い選手を獲得し、選手は良いトレーニングを積んで、そして懐も潤わなければいけません。
スポーツ選手本来の仕事に専念させるためには、様々な地元企業がスポンサーとなり、行政関係も協力して、クラブや選手を支え、様々な環境を整えることが重要です。
水戸ホーリーホックには今後、当社のような地元企業をもっとたくさんスポンサーとして集めて、是非J1に行って欲しい。
そして水戸ホーリーホックを通じて地域が活性化し、そして城里町が盛り上がることを願っています。


株式会社 小田倉建設

水戸市中心に幅広い地域で建築の塗装や塗替え、土木、除染作業を行う工務店。優良な塗装業者から外壁塗装を無料一括見積もりするウェブサイト「塗装ドクター.com」を運営中。

茨城県東茨城郡城里町大字石塚1365-1
TEL:029-291-5164 フリーダイヤル:0120-113-466
http://www.tosou-doctor.com/

(米村優子)



デイリーホーリーホック」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【プレビュー】天皇杯1回戦 東京国際大学戦 「前田秀樹監督からの挑戦状。謙虚さとひたむきさと泥臭さがキーワード」(2016/8/26)
http://www.targma.jp/hollyhock/2016/08/27/post16153/

【練習レポート】西ヶ谷隆之監督コメント「個人アピールというよりも、チームとしての躍動感やパワーを見せてほしい」(2016/8/25)
http://www.targma.jp/hollyhock/2016/08/26/post16150/

【練習レポート】麦倉捺木選手コメント「最初から最後まで圧倒したい。それがプロの意地と義務」(2016/8/25)
http://www.targma.jp/hollyhock/2016/08/26/post16147/

J論 最新テーマ: 【J開幕特集・改革元年前夜】 に関するコラム

投票

小田倉建設について(0票)

水戸ホーリーホックについて(0票)

論 最新ニュース