[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

【宇都宮徹壱WM】存在感を示した「元ヴォルカ」 今日の現場から(2016年9月11日@鴨池)

2016 09/14  07:33

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は宇都宮徹壱ウェブマガジン「宇都宮徹壱ウェブマガジン」から鹿児島ユナイテッドFCに関する記事になります。



【無料記事】存在感を示した「元ヴォルカ」 今日の現場から(2016年9月11日@鴨池)宇都宮徹壱ウェブマガジン
2016年09月12日更新


bbc08d8318f38ec8bc84ab73411410df.jpg


 9月11日は、1カ月の中断期間を終えて再開されたJ3リーグを観戦。カードは鹿児島県立鴨池陸上競技場で開催された、鹿児島ユナイテッドFC対ガイナーレ鳥取である。この試合については後日、スポナビに連載中の『J2・J3漫遊記』にて掲載予定なので、ここでは少し短めに。

 ホームの鹿児島が2-0で勝利し、2位を堅持したこの試合。ゴールを決めた永畑祐樹(42分=今季初)と赤尾公(48分)は、いずれもヴォルカ鹿児島の出身である。FKを直接決めた赤尾は、この日ベンチスタートとなった田上裕に代わってキャプテンマークを付けての出場。こうしたエピソードは、個人的にとても嬉しく感じられた。

 私にとってヴォルカとは、2005年に初めて九州リーグを取材した時から、常に視界に入る存在であった。鹿児島サッカー教員団を前身とし、1959年に設立された鹿児島の古豪は、しかし2014年のFC KAGOSHIMA(FCK)との統合によって、その長い歴史に幕を閉じることとなった。

 もちろん両者納得の上での統合であったし、県内にJを目指す2クラブの共存が難しいことは、誰の目にも明らかであった。ただし、メディアで語られる鹿児島ユナイテッド誕生の歴史は、大半が「FCK視点」のものばかり。「ヴォルカ側からは、どう見えたのだろう?」という疑問が、今回の鹿児島取材の出発点となった。

 ヴォルカの名前はなくなったが、今季はヴォルカ出身の選手が5名残っており、フロントにもゴール裏にもヴォルカから合流した人は少なからず存在する。「鹿児島をひとつに」と言うは易し、その過程には多くの課題や葛藤があったはずだ。今季の好調ぶりの要因と併せて、現地でしっかり取材を続けることにしたい。

<この稿、了>


宇都宮徹壱WM」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


徹壱の日記2016 9月5日(月)~11日(日)
http://www.targma.jp/tetsumaga/2016/09/13/post3489/

Jリーグの1ステージ制回帰をどう見るか? 「2100億円」だけではない、変化を促した要因
http://www.targma.jp/tetsumaga/2016/09/09/post3479/

霞が関も注目? 水戸ホーリーホックの成長戦略を探る 黄川田賢司(水戸ホーリーホック国際事業企画マネージャー)インタビュー<2/2>
http://www.targma.jp/tetsumaga/2016/09/08/post3359/

J論 最新テーマ: ニュース に関するコラム

投票

鹿児島ユナイテッドFCについて(1票)

gilda0dillard62.exteen.com(IP:114.44.210.161)

It's remarkable designed for me to have a web site, which is valuable in favor of my
experience. thanks admin

2017年5月13日 13:21

宇都宮徹壱ウェブマガジンについて(0票)

論 最新ニュース