[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

『FC東京vs浦和』有利不利なジャッジ?リプレイチェックもなくブーイングはレフェリーを心象でステレオタイプに見てる?【家本政明審判団批評】

2017 04/17  08:23

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は審判批評を中心としたWEBマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」からFC東京×浦和レッズ戦に関する記事になります。



【無料コラム/家本政明審判団批評】FC東京×浦和レッズ:有利不利なジャッジ?リプレイチェックもなくブーイングはレフェリーを心象でステレオタイプに見てる?(「石井紘人のFootball Referee Journal
2017年04月16日更新

試合後、家本政明審判団にブーイングが送られた。

不満を持った方々の論点はどこだろうか(参考記事:FC東京×浦和レッズ戦審判批評)?

たとえば、DAZNで議論となっていたのは67分のFC東京梶山陽平の浦和レッズ柏木陽介への最初のアプローチ時の左腕が影響したかどうかである。

倉敷保雄氏「今のファウルはどうですかね。巧く寄せていたようにも...」

戸田和幸氏「(コンタクトは)お互いにね。」

倉敷氏「まぁレフェリー近くで見てましたからね。ホールディングと判断したのでしょうが。でも、これで止めちゃうと。」

戸田「僕には良いディフェンスに見えました。」

とのことだが、なぜファウルとなったのか。最初のアプローチの腕は問題なかったのかという難しい判定がブーイングに繋がったのだろうか?もしくは「コロコロ倒れればファウルを貰える」という、おそらく基準への疑問ツイートも見かけたが、41分の森重の激しいスライディングや52分の阿部が倒れたシーン、82分の体を入れた時の接触はなぜノーファウルだったのか?判定に不満がある方こそ、サッカー競技規則を片手に、録画映像を振り返って審判批判してみては如何だろうか(参考記事:14分の先制点を生んだアドバンテージと本当にファウルを取りすぎなのか)?


石井紘人のFootball Referee Journal」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【松尾一審判団批評】横浜Fマリノスマルティノスのシュートブロックしたサンフレッチェ広島の丸谷はハンドリングでPKだったか?
http://www.targma.jp/fbrj/2017/04/16/post6880/

【上田益也審判団批評】川崎フロンターレに有利?コンサドーレ札幌が与えた中村への「PKの判定には納得していない」(都倉賢)
http://www.targma.jp/fbrj/2017/04/16/post6876/

J論 最新テーマ: ニュース に関するコラム

投票

FC東京×浦和レッズ戦について(0票)

石井紘人のFootball Referee Journalについて(0票)

論 最新ニュース