[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

リーグ戦に勝利した翌日は9市町村237店舗でTポイント2倍に【水戸】

2017 02/23  03:50

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は水戸ホーリーホックを中心としたWEBマガジン「デイリーホーリーホック」からキャンペーンに関する記事になります。


【HHレポート】「ホーム戦や勝利翌日の買い物でTポイントをお得にゲット!今季もキャンペーン続々!」(2017/2/21) ※無料記事デイリーホーリーホック
2017年02月22日更新

DSC_4516-640x410_1.jpg
【写真 米村優子】

リーグ戦に勝利した翌日は9市町村237店舗でTポイント2倍に

水戸ホーリーホックはTポイントサービスの運営を行う株式会社Tポイント・ジャパンとJクラブ初となる年間の提携を結び、Tポイントを活用した地域活性化キャンペーンを展開することが本日、茨城県庁内の記者クラブで発表されました。

このキャンペーンの目玉となるのは、リーグ戦に勝利した翌日のTポイントの特典。0:00:00から23:59:59の間、ホームタウン推進協議会の市町村内にある対象の237店舗を利用した際に貯まるTポイントが、なんと2倍になります。
こちらはリーグ戦の勝利時のみで、ホームだけでなくアウェイ戦もこの特典が適用。
対象となるのは、水戸市、ひたちなか市、那珂市、東海村、城里町、笠間市、小美玉市、茨城町、大洗町にあるファミリーマート、ENEOS(吉田石油、関彰商事)、TSUTAYA(ブックエース、WonderGOO)、川又書店、カメラのキタムラ、エクセルシオールカフェ、ロッテリア、吉野家、新星堂(※一部対象外店舗、個別の対象外条件、ポイントが貯まらない商品・サービスもあります)。
勝ち点3の余韻をTポイントでも浸ることができる、なんともお得なキャンペーンです。
第一回目のチャンスは、今週末の開幕戦。
船谷圭祐キャプテンは「Tポイントを貯めている方、ホーリーホックを応援してくれる方、両方の笑顔がより多く見られるように頑張ります」と意気込んでいました。

また、スタジアム入場時にも嬉しい特典が。リーグ戦のホームゲーム時はTカードを持参すると5ポイント、勝利した場合はこちらも倍の10ポイントがプレゼントされます。
ホーム戦当日は入場ポイント用の特設ブースがスタジアム内に設置され、持参したTカードを端末に通すとプレゼントの対象者へのエントリーが完了。このポイントは当日ではなく、後日に付与されるため、カードを端末に通す時間帯はゲーム前後いつでもOK。ちなみに今季のホーム戦21試合を全て観戦した場合、最低でもコンビニのコーヒー相当以上のポイントを獲得できる計算となります。Tカードを持っていない方はブース内で新規に作ることも可能です。

そして、2月27日~11月20日の実施期間中のTポイント2倍キャンペーンの特典ポイント総額10%分と入場ポイントで付与したポイントは、1ポイント=1円としてTポイント・ジャパンから拠出され、シーズン終了後、水戸ホーリーホックへ支援金として贈呈されます。
つまり、Tカードを持ってホームゲームを観戦、勝利した翌日に地域でお買い物を楽しむだけで、ホーリーホックが強くなるためのサポートができるということ。今季のホーム戦やリーグ戦の勝利は更に格別なものになりそうです。

Tポイント・ジャパンの長島弘明常務取締役は「Tポイントは便利でお得なカードだということは少しずつ浸透していますが、あくまで物が売れたらポイントが付くという認知に留まっている。そこでホーリーホックさんが勝つ、入場者数が増えるとポイントが貯まり、自分の好きなチームの応援になるという地域活性化の取り組みを、全国に先駆けてスタートします。T会員化率全国2位の茨城県民の皆さんに盛り上がってもらえたら嬉しいです」と語ります。

実はこのホーリーホックとTポイント・ジャパンの提携は、「ホーリーブック大作戦」で売上増加の実績を上げた株式会社ブックエース奥野康作社長、直々の企画・提案により実現しました。
以前から「多くの地元企業がホーリーホックを応援すれば、もっと街が盛り上がる」と熱弁していた奥野社長は「我々は2015年から『ホーリーブック大作戦』を始めて、たくさんの方に喜んでもらいながら、店舗のお客さまを増やすことができた。そして、スタジアムの観客動員もサポートできたと自負しています。ホーリーホックは地元の誇り。今年もホーリーホックがたくさん勝つことを楽しみにしています」と期待していました。

DSC_4505-640x427_2.jpg
【写真 米村優子】

「ホーリーブック大作戦」もスタート!過去に人気だった年代のブックカバーも登場

さて、一昨年から大好評の株式会社ブックエースの応援キャンペーン「ホーリーブック大作戦」が今年もいよいよスタートします。
恒例のチケット500円割引券付きの限定オリジナルブックカバーには、2017シーズンの選手版と歴代レア版が登場。橋本晃司選手が加入する前に撮影された今シーズンの集合写真のデザインは2月から11月まで、過去人気が高かった年代のチームの貴重なブックカバーは5月~10月中に発表予定です。どちらのブックカバーも対象店舗で文庫本を購入した人へのノベルティーで、なくなり次第終了となりますのでお早めに!

そして試合日にはスタッフがブルーミングTシャツで店内から応援、勝利した翌日のTポイント2倍キャンペーン、本を購入すると売り上げの一部がホーリーホックの強化支援金となる「ホーリーホック応援DAY!」も例年通りシーズン中に実施。
いずれもブックエース6店舗(茨大前店、酒門店、見和店、東海店、東石川店、日立鮎川店)、川又書店4店舗(県庁店、エクセル店、水戸駅プラムストリート店、笠間店)の10店舗。勝利した翌日のTポイント2倍キャンペーンは平須店でも実施されます。
今年も文庫本を買うなら、ブックエースと川又書店へGO!

DSC_4531-640x427_3.jpg
【写真 米村優子】

(米村優子)



デイリーホーリーホック」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【コラム】「橋本晃司を変える2つの視線」(2017/2/17)
http://www.targma.jp/hollyhock/2017/02/17/post17735/

【練習レポート】「開幕へカウントダウン! 攻撃のバランスを整える」(2017/2/16)
http://www.targma.jp/hollyhock/2017/02/17/post17723/

J論 最新テーマ: シリーズ『Jに魅せられて』 に関するコラム

投票

キャンペーンについて(0票)

水戸ホーリーホックについて(0票)

論 最新ニュース