[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

【荒木友輔審判批評】高校サッカー決勝『青森山田vs前橋育英』注意のあとに警告

2017 01/10  08:25

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は審判批評を中心としたWEBマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」から荒木友輔審判に関する記事になります。


【無料/荒木友輔審判批評】高校サッカー決勝青森山田×前橋育英:注意のあとに警告石井紘人のFootball Referee Journal
2017年01月09日更新

41,959人が詰めかけた第95回全国高等学校サッカー選手権大会決勝戦、青森山田×前橋育英戦の主審を割り当てられたのは荒木友輔主審(参考記事:アルビレックス新潟の先制点はFC東京GK秋元のミス)だ。

25分には起点をファウルで潰した選手にコントロールとして怒ったように注意するなど丁寧にレフェリングしていく。38分も同様で基準を貫徹していく。42分、ボールにプレーできずに競りに行ったため警告。その前に注意をしており、明瞭なジャッジだ。

72分など議論できる判定がなかったとは言わないが、大きな判定はおさえられており、普通に試合を終わらせた。ポジショニングも説得力あるもので、採点は4を与えられる。



~採点基準~

5:彼なしに試合はありえなかった

4:普通に試合を終わらせた

3:ミスにも見えるシーンがあったが、試合に影響はなかった

2:カード・得点に対する受け入れられない微妙な判定があった

1:ミスから試合に影響を与えてしまった

0:試合を壊してしまった



石井紘人のFootball Referee Journal」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【連載:プロフェッショナルレフェリーキャンプレポート⑤】審判員記者ブリーフィングにプレミアリーグなら40名以上は参加する
http://www.targma.jp/fbrj/2017/01/02/post6618/

【松尾一審判批評】天皇杯決勝鹿島アントラーズ×川崎フロンターレ:選手の審判へのアピールは必ずしもミスジャッジではない
http://www.targma.jp/fbrj/2017/01/01/post6616/

J論 最新テーマ: 【J開幕特集・改革元年前夜】 に関するコラム

投票

荒木友輔審判について(0票)

石井紘人のFootball Referee Journalについて(0票)

論 最新ニュース