[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

【審判批評】浦和レッズ興梠の先制点、アルビレックス新潟の武蔵はオフサイドなのか?

2016 10/23  06:56

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は審判批評を中心としたWEBマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」からアルビレックス新潟×浦和レッズ戦に関する記事になります。


【無料/山本雄大審判批評】浦和レッズ興梠の先制点、アルビレックス新潟の武蔵はオフサイドなのか?石井紘人のFootball Referee Journal
2016年10月22日更新

先ほど終了したJ1セカンドステージ第15節は、浦和レッズがアウェイでアルビレックス新潟を下し、年間首位の座をキープし、かつセカンドステージ優勝に大手をかけた。

その浦和レッズの試合での判定が物議を醸しているようだ。7分に生まれた浦和レッズの興梠慎三のゴールがオフサイドではないか?と。ということで、リプレイを見てみた。

コルテースが残っているように感じていていたが、リプレイを見るとアルビレックス新潟選手が右サイドに残っており、オフサイドではないように見える。もちろん、真横からの映像ではないので何とも言えないが、誤審とは断言できない。88分の興梠が抜け出したシーンも、オフサイドアピールしていた松原健が残っていた。

また77分の鈴木武蔵のゴールがオフサイドで取り消されたシーンは、Twitterのキャプチャ写真の足元を見れば分かるように、副審のナイスジャッジであることが確認できた。

CvWsOgIVMAAfiKK.jpg

その他の森脇良太の前半終盤のファウル、なぜ阿部勇樹に警告が掲出されたのか。そして、アルビレックス新潟は不利益なジャッジを受けているのか(参考記事:http://www.targma.jp/fbrj/2016/08/01/post6250/)は後ほどFBRJにて更新したい。


石井紘人のFootball Referee Journal」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【無料/西村雄一審判批評】サガン鳥栖戦:なぜ柏レイソルのハンドリングに柏へのアドバンテージが?
http://www.targma.jp/fbrj/2016/10/23/post6441/

【山本雄大審判批評】アルビレックス新潟戦なぜ浦和レッズ阿部に警告が出たのか?レフェリングは妥当だったか?
http://www.targma.jp/fbrj/2016/10/22/post6439/

J論 最新テーマ: 【J開幕特集・改革元年前夜】 に関するコラム

投票

アルビレックス新潟×浦和レッズ戦について(0票)

石井紘人のFootball Referee Journalについて(0票)

論 最新ニュース