[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

勘違いから起こる苛立ちにも対応するレフェリーたち(大宮vs福岡 井上知大審判批評)

2016 08/16  08:27

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は審判批評を中心としたWEBマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」から大宮アルディージャ×アビスパ福岡戦に関する記事になります。


【無料記事/勘違いから起こる苛立ちにも対応するレフェリーたち】大宮アルディージャ×アビスパ福岡:井上知大審判批評石井紘人のFootball Referee Journal
2016年08月15日更新

「暑いですけど、フェアで良いゲームにしましょう」という選手への声に、自らが応えるようなレフェリングだった。40秒、引っかけたファウル。5分にもクサビを受けた金森の足を蹴る格好になった河本のファウル。9分、10分も基準通りしっかりとファウルをとる。もちろん、全ての激しいコンタクトをファウルとしている訳ではなく、11分のマテウスと駒野はショルダーとショルダーで、ボールにプレーできているためノーファウルとする。

微妙だったのは37分のボールアウトくらいで、妥当なレフェリングで試合は進む。後半になっても基準は貫徹されており、49分のシーンも足に影響してからボールに行ったためファウルとする。63分、かわされた所をファウルで止めた實藤に警告。70分のウェリントンのファウルは、腕の動きが不用意にチャージしたということだろう。

ただ、74分の接触は見えてなかったか。見えていたのであれば、欧州のレフェリーなら何かしらのジェスチャーで表現するだろう。この辺は井上主審もレベルアップできる部分だと思う。一方で78分のウェリントンのファウルアピールは、「腕が当たったと勘違いしたのかもしれませんね」と実況されたように井上主審が正しく、リアクションに惑わされず、強く出たのは評価できる。86分のウェリントンと河本のファウル時のジェスチャーは分かりやすく、かつジャッジも明瞭で正しい判定でウェリントンを落ち着かせた。

サポーターの不満が起きそうなのは84分のウェリントンと河本の接触だろう。ただ、互いに腕を出し合っており、ミスジャッジまではいかないもので、大枠はおさえられた受け入れられるゲームだったと思う。


~採点基準~

5:彼なしに試合はありえなかった

4:普通に試合を終わらせた

3:ミスにも見えるシーンがあったが、試合に影響はなかった

2:カード・得点に対する受け入れられない微妙な判定があった

1:ミスから試合に影響を与えてしまった

0:試合を壊してしまった



石井紘人のFootball Referee Journal」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【前半無料/石井紘人レポート:プレミアリーグのレフェリーとは?】審判は一試合に450の判定をくだし、精度は96%
http://www.targma.jp/fbrj/2016/08/15/post6282/

【松尾一審判批評】川崎フロンターレ三好の退場時のサガン鳥栖キム・ミヌの接触にも懲戒罰?
http://www.targma.jp/fbrj/2016/08/15/post6280/

【無料/ディデュー審判批評】リオ五輪スウェーデン×日本:植田のノーゴール、武蔵のファウルは?
http://www.targma.jp/fbrj/2016/08/11/post6278/

J論 最新テーマ: 【J開幕特集・改革元年前夜】 に関するコラム

投票

大宮アルディージャ×アビスパ福岡戦について(0票)

Football Referee Journalについて(1票)

Raynes(IP:188.143.232.27)

103Found your report really fasinnatcig without a doubt. I truly experienced reading through it and you make rather some great points. I am going to bookmark this internet site for that future! Relly fantastic article.

2016年8月23日 09:15

論 最新ニュース