[J論] - これを読めばJが見える

論ニュース日本サッカー関連ニュースを分かりやすく解説

【FBRJ】J1 1st第1節『広島 0-1 川崎』西村雄一審判団評

2016 02/28  08:37

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は審判批評を中心としたWEBマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」から西村雄一審判に関する記事になります。



【無料記事】2016J11st第1節 サンフレッチェ広島 0-1 川崎フロンターレ 西村雄一審判団評石井紘人のFootball Referee Journal

J開幕スペシャルと銘打たれて全国放送された試合は、「経験のある西村さん」(福西崇史氏)が割り当てられた。

1分、リスタートの位置を細かく指示。8分にはホールドへのロールバックをとったが、試合自体はファウルのない立ち上がり。そんな中でも、11分には競り合い時のボールにプレーできる範囲外からのチャージをとるなど、しっかりと基準を作る。それに選手も呼応し、フェアに試合は進む。45分、中村憲のドリブルを、裏からのチャージで止めた広島選手に笛で注意を与える。53分にはホールドをアピールする大久保とコミュニケーション。86分には大久保のファウルに塩谷がエキサイトしたが、流れの中で制し、対立させない。89分の大久保が貰いにいったシーンの見極めも的確だ。西村主審は最後まで緩めず、90+1分には、CK前に一旦試合を止めて、ポジション争いに介入する。この辺の表現力はさすがである。

予測やポジショニング、それを支える走りから読み取れるように、コンディションはかなり良さそう。体もしっかりと絞れている。採点は4、国際審判員を退いても、まだまだ健在だ。


~採点基準~

5:彼なしに試合はありえなかった

4:普通に試合を終わらせた

3:ミスにも見えるシーンがあったが、試合に影響はなかった

2:カード・得点に対する受け入れられない微妙な判定があった

1:ミスから試合に影響を与えてしまった

0:試合を壊してしまった




石井紘人のFootball Referee Journal」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【無料記事/基準を理解するということ】セリエA2015第25節 ユヴェントスFC 1-0 SSCナポリ ダニエル・オルサート審判団評
http://www.targma.jp/fbrj/2016/02/27/post5964/

【無料記事】JFA Media Conference on Refereeing 2016(審判カンファレンス)
http://www.targma.jp/fbrj/2016/02/24/post5962/

【無料記事】Jリーグ、UEFA同様に追加副審を導入
http://www.targma.jp/fbrj/2016/02/24/post5960/

J論 最新テーマ: J1昇格プレーオフ制度は必要だったのか? に関するコラム

投票

西村雄一審判について(1票)

Brendy(IP:188.143.232.32)

Alt-azaamkinformaaion found, problem solved, thanks!

2016年6月21日 06:00

Football Referee Journalについて(1票)

鞍馬(IP:49.98.10.147)

こんなのあるんですね
素晴らしいと思います
審判にも、適切な批評と報酬を
ミスした時だけ叩かれるのでは審判に未来はない
リーグのレベルアップのために続けて欲しい企画です

2016年2月28日 14:10

論 最新ニュース