スタートの5月。意外な健闘サッカーメディアは?/【週刊ヤフトピ・サッカー】よもやま話(岡田康宏×渡辺文重)

ヤフートピックスにピックアップされたサッカーニュースを数値化した【週間ヤフトピ・サッカー】が5月からスタート。1カ月の集計を終えて、見えてきた傾向とは? 5月の実績について、サポティスタ・岡田康宏氏有料メルマガ評論家・渡辺文重氏によるライトな対談をお届けする。

▼早くも顕在化してきた"DAZN"効果とは?

渡辺:5月から始まった【週刊ヤフトピ・サッカー】ですが、5月の初旬はJリーグでめちゃくちゃ事件が多かったですよね? 徳島の馬渡選手のボールボーイ事件、浦和サポーターが大宮とのさいたまダービーで緩衝帯の柵を蹴った問題、そのあとに森脇選手発言、あとは川崎の旭日旗問題、ガンバ大阪ナチス問題......。その一方で、すごくヤフトピにサッカーの話題が取り上げられるのが少ない週もありましたよね? 5月のゴールデンウィーク明けがあまりなかった印象です。

岡田:最初の時期はネガティブな話題が多かったね。週間の推移が11本、4本、7本、13本といった感じで、最初の11本はネガティブな話題ばかり。

渡辺:でも今年はJリーグが話題に上ることが多いと思います。

岡田:DAZNの影響も大きいんじゃない?

渡辺:たしかにテレビからキャプチャするよりも、パソコンから動画をキャプチャするほうがやりやすいですし、DAZNがそもそも動画をキャプチャしまくっていますよね。あとはiPhoneやスマホの普及などで機材自体が良くなっていることにより、スタジアムで撮っている動画のクオリティーも上がっています。そのおかげか動画をtwitterにアップすると、バズる傾向にありますよね。

岡田:動画の影響は大きいと思う。オフィシャルでも動画が流れていて、それをRTすることで拡散するし、素晴らしいゴールシーンなども多くの人が目にできるようになった。

渡辺:先日の仙台のクリスランのゴールシーンはすごかったですが、シュートを打った1時間後にはもう動画でアップされていました。「すごかった」と口では言っても、それは実際に見ないと分からないですが、動画でチェックできるようになったことは大きいと思います。

岡田:僕はいま週末別の仕事をしていて、リアルタイムでガッツリJリーグを見ることができない、ライトなJリーグファンなのだけど、そういう立ち位置から見ると、ここ1、2年の間にネットでJリーグを見る視聴環境はすごく良くなったと思う。

渡辺:馬渡選手の件も今までの環境だったら、ニュースになりにくかったと思います。いまはサッカー界だけで完結するようなニュースが、ヤフトピに取り上げられるほどになっています。

岡田:動画があると説得力が違うからね。

渡辺:森脇選手の一件も「言った言わない」の話ですが、動画があることでジェスチャーからの分析もできます。それでさらに話題になりましたよね。その一方でサッカー選手もいまはニュースになりやすいということを自覚したほうがいいんじゃないかと思います。

岡田:サッカー界ではあまり関心を集めないようなことでも、一般層に刺さるものがあることで、その話題が大きく広がっていくよね。そのあたりのズレは結構あると思う。この【週刊ヤフトピ・サッカー】は、いまはサッカーメディアだけに限って集計していますが、スポーツ新聞なども含めて集計したほうが良いかもしれない。

渡辺:そのほうがいろいろと見えてくるかもしれませんね。

岡田:幅も広がるし、意外とサッカーファンが面白がっていることと、一般層が関心を寄せることは違うことがあるから。

渡辺:モノによっては一般層ではニュースになるモノでも、サッカーメディアでは取り上げないというケースがあります。サッカーメディアが取り上げることに及び腰になっている部分はあると思います。

岡田:手前味噌な言い方だけど、この企画は地味に面白いと思う。

渡辺:Webメディアの中では新参者のイメージがありますが、意外と『Football ZONE WEB』が健闘しているとか。

岡田:意外とヤフトピ取っているよね。

渡辺:やはり『ゲキサカ』は久保くんなど、若い選手が活躍したときにパワーを感じます。

岡田:ゲキサカはもともと若年層の記事に強い媒体だから。

渡辺:6月は代表の試合もありますから、また内容が変わってくるかもしれませんね。

岡田:5月の代表発表でも「加藤恒平」の文字が躍ったように、変化が出てくるはず。

渡辺:ただ試合で負けると解任の話になるでしょうね。サッカー媒体は解任を論じにくいでしょうから、そうなるとスポーツ紙などが活躍する時期かもしれません。勝ったときでも盛り上げ方はスポーツ紙のほうがうまい。

岡田:そういう意味では6月は楽しみだよね。

渡辺:欧州のシーズンが終わったので、『フットボールチャンネル』や『Goal.com』はどうなっていくのか。欧州のシーズンが終わっているだけに苦しくなるかもしれませんね......。

岡田:乾とか、海外の日本人選手が最終節は活躍して、ヤフトピに上がったからね。シーズン最終盤には本田も点を取ったし。さて、どうなるか。

渡辺:香川がタイトルを獲ったりもしましたからね。欧州各国リーグが終わったことでヤフトピの数が少なくなったら、悲しいですね。

岡田:この勢いをつなげられるかどうか、注目だね。

※関連リンク
【週刊ヤフトピ・サッカー】『トッティ引退』『レアル、CL連覇』『浦和と済州の乱闘騒ぎ』。欧州サッカーが閉幕した5月5週~6月1週【5/29~6/4】

【週刊ヤフトピ・サッカー】『加藤恒平』『北澤快』新しい選手が話題となった5月4週【5/22~5/28】

【週刊ヤフトピ・サッカー】『久保建英と元J助っ人の大化け』が話題となった5月第3週【5/15~5/21】

【週刊ヤフトピ・サッカー】長友の苦戦、岡崎の活躍。落ち着きを取り戻し始めた5月第2週【5/8~5/14】

【ヤフトピでサッカー界の1週間を振り返る】久保くんの登場とトッティの引退。またもや問題が起きたGW【5/1~5/7】


RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook