アルビレックス新潟、最下位からの逆襲へ。減圧プレスとハイプレスの狭間で"サイは投げられた"

今季から2ステージ制が採用されたJ1リーグだが、残留・降格のラインはあくまで年間成績で決定される。全34節の内15節を終えた段階で、サバイバルレースの行方も見えてきた。今回は下位に沈む4チームと監督交代により最下位から残留圏に急浮上してきた甲府にスポットを当てる。第4回目は、現在最下位に沈む新潟の苦闘のプロセスと、残留への秘策を、新潟の番記者・大中祐二が斬る。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook