捲土重来。別れ際の挨拶でにじんだ森下仁之の本心

第14節を終えて、8勝4分2敗勝ち点28で現在3位。今季から初のJ2リーグに参戦しているツエーゲン金沢の旋風が止まらない。一時は首位に立ち、現在は自動昇格圏・2位のジェフユナイテッド千葉と勝ち点で並び、首位・ジュビロ磐田との勝ち点差はわずかに『1』だ。なぜここまで金沢は強いのか。J2に一大旋風を巻き起こしている金沢の強さの深層を多角的に分析していく。第2回は4年にわたって監督を務める森下仁之氏をよく知る中倉一志が、その人物像に迫った。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook