力のある若手がいないがゆえの偏重。そこに日本代表の「危機の予兆」を感じずにはいられない

アギーレ監督率いる日本代表は9月、10月、そして11月と各2試合の強化試合を行い、計6度の実戦機会を得た。手探り状態だった9月シリーズに始まり、難敵相手に実績の乏しい選手を試してきたアギーレ監督は、11月シリーズを前にしてベテランたちを呼び戻し、チームの再編を図った。1月のアジアカップに向けて、日本代表の戦闘準備は整ったのか。そして、4年後への設計図は見えてきたのだろうか。第4回は、河治良幸が熟練の士の活躍が目立った11月シリーズを振り返りつつ、未来に思いを馳せる。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook