[J論] - これを読めばJが見える

論 書籍紹介J論ライターの著書をご紹介します

だれでもわかる居酒屋サッカー論 日本代表戦の観戦力が上がる本

清水英斗(著)

「ザックジャパンを徹底検証! 今、一番面白い日本代表の観方」 「居酒屋サッカー論」は、日本代表戦や欧州サッカーなどを題材に、 居酒屋のサッカー談義を盛り上げる「サッカー観戦術」を解説する本です。 Webサイト「cakes」での人気連載「居酒屋サッカー論」に 加筆・修正を加え、スペシャル対談を収録して書籍化しました。 実際にあった試合を分析し、解説していますので、 ・ザッケローニの采配は適切? ・「3-4-3」ってどうなの? ・日本と世界との差は? といった、日本代表について気になるところもバッチリわかります。

出版社 池田書店
発行年 2013年
著者 清水英斗
形式 新書
価格 972円(税抜)

かわばた編集長の一言解説

「海賊」の異名で知られ、当サイトでは「ミスター観戦力」の別名を付けられてしまった清水英斗さんが出した一冊です。 近年のライターが書いたサッカー本(選手本は実質的に別ジャンルでしょう)としては屈指の売り上げを叩き出した『サッカー「観戦力」が高まる』(東邦出版)が象徴的ですが、平易な言葉できちんと説明してくれるのが清水さんの良いところです。この居酒屋サッカー論のシリーズは、より幅広く「サッカーって何だ?」というお話により具体的に迫っている良書だと思います。 「日本代表」という多くの人が実際に観戦している試合を中心に書いている点も分かりやすさの秘訣でしょう。僕は勝手にこの居酒屋サッカー論シリーズを清水さんの最高傑作と位置付けております。あと、この第2弾では変な人が対談に登場しますが、そこはあまり気にしないでいただけるとありがたいです......。