【Jリーグ】施設基準の例外適用申請により、町田、鹿児島、琉球に初めてJ1ライセンスが交付される。水戸が昨年に続き解除条件付きのJ1ライセンスに。

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されている記事を全文掲載いたします。


【ニュース】施設基準の例外適用申請により、町田、鹿児島、琉球に初めてJ1ライセンスが交付される。水戸が昨年に続き解除条件付きのJ1ライセンスに。『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

2019年9月27日、JFAハウスにて、2020シーズンに関するJリーグクラブライセンス判定結果発表および説明会が開催された。


会見にはJリーグ経営本部クラブ経営戦略部 部長 兼 ライセンスマネージャーの青影宜典氏が出席し、説明を行った。


2020シーズンのJリーグクラブライセンスには、合計48クラブがライセンス申請を行い、44のクラブにJ1クラブライセンス、4クラブにJ2ライセンスが交付された。
各クラブのライセンス判定結果は以下の通り。

※クリックすると大きな画像でご覧いただけます


今回新たに町田、鹿児島、琉球がJ1ライセンスを取得した。これは、昨年12月に発表されたスタジアム施設基準の例外適用申請によるもの。

一定の要件を満たしていれば、例外を認め上位のライセンスを取得できるようになる。


https://www.targma.jp/jwatcher/2019/01/12/post4659/

またJ2水戸が昨年に引き続き、J1基準を満たす笠松運動公園陸上競技場をホームスタジアムに申請したことで、J1ライセンスが付与された(※解除条件付き)。今季終了後に順位要件(2位以内、もしくは昇格POの勝者)を満たすことができれば、J1昇格することができる。

クラブライセンス交付第一審機関(FIB)決定による 2019シーズン Jリーグクラブライセンス判定について(Jリーグリリース)

※会見でのコメント等は後日お届けする予定です。

*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事


【解説】理念強化配分金について、各年の支給基準額がより均等に。総額(27.8億円)は変わらず。変更になった背景と理由は?

【ニュース】『湘南ベルマーレの監督に行き過ぎた指導があったのかどうか』の事実確認について「10月の上旬をめどに一定の方針が出せれば(村井チェアマン)」



banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook