【東京V】【練習レポート】写真ギャラリー『TM 法政大戦』

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料記事】【練習レポート】写真ギャラリー『TM 法政大戦』(19.5.16)スタンド・バイ・グリーン


12日、法政大とのトレーニングマッチ。最初にゴールマウスを守ったのは柴崎貴広。
12日、法政大とのトレーニングマッチ。最初にゴールマウスを守ったのは柴崎貴広。

内田達也は、前半最終ラインに入り、後半は中盤にポジションを上げた。
内田達也は、前半最終ラインに入り、後半は中盤にポジションを上げた。

いつでも顔が上がり、広い視野を確保する森田晃樹。こういう選手、ヘボなカメラマンには本当に助かるんです。
いつでも顔が上がり、広い視野を確保する森田晃樹。こういう選手、ヘボなカメラマンには本当に助かるんです。

森田とダブルボランチを組んだ山本理仁。数年後の中盤と言わず、今季中にでも見せてくれい。
森田とダブルボランチを組んだ山本理仁。数年後の中盤と言わず、今季中にでも見せてくれい。

河野広貴はレアンドロのゴールをアシスト。
河野広貴はレアンドロのゴールをアシスト。

ゲームでは、安全のためフェイスガードを装着する長谷川洸。目下、大ヒット中の映画『アベンジャーズ』感がすごい。
ゲームでは、安全のためフェイスガードを装着する長谷川洸。大ヒット中の映画『アベンジャーズ』感がすごい。

ほでな、こうなったらこうやんか、でそんときはこうしようやと李栄直が山本に話し後半に入る。
こうなったらこうやんか、で、そんときはこうしようやと李栄直が山本に話し後半に入る。

この日のヴァウメルソンは持ち味を出せず。走る姿が美しい人。
この日のヴァウメルソンは持ち味を出せず。走る姿が美しい人。

終盤、安在達弥は足がつり、苦悶の表情。着実に一歩一歩前へ。
後半になってスプリントの増えた安在達弥は、終盤、足をつらせて苦悶の表情。

苦しい時間帯、攻撃を牽引した梶川諒太。
苦しい時間帯、攻撃を牽引した梶川諒太。

その梶川の外を、スピードに乗った永田拓也が回る。
その梶川の外を、スピードに乗った永田拓也が回る。

相手チームの選手だけど、思わず撮っちゃいましたね。来季FC東京に加入が内定している紺野和也。彼、キュンキュンですよ。サイズとプレースタイルから、十数年前、駒沢大を経て鹿島アントラーズに入った深井正樹さんを想起させる。同等か、ひょっとすると上のレベルか。
相手チームの選手だけど、思わず撮っちゃいましたね。来季FC東京(そこかい!)に加入が内定している紺野和也。もうキュンキュンですよ。サイズとプレースタイルから、十数年前、駒沢大を経て鹿島アントラーズに入った深井正樹さんを想起させる。同等か、ひょっとすると上のレベル。

東京Vユース98年組の深澤大輝(中央大3年)は後半から出場。クレバーなプレーに磨きがかかっている。
東京Vユース98年組の深澤大輝(中央大3年)は後半から出場。クレバーなプレーに磨きがかかっている。

東京Vユースの馬場晴也がぐいぐいボールを運ぶ。
東京Vユースの馬場晴也(3年)がぐいぐいボールを運ぶ。

同じくユースの山下柊飛(3年)は、短い時間ながら左サイドでプレー。
同じくユースの山下柊飛(3年)は、短い時間ながら左サイドでプレー。

【今日のご無沙汰してます】

タイラと言えば、昔はこの人。井上平さんです。2016シーズンをもってSC相模原で現役を退き、指導者の道に。「母校の法政大のコーチになって3年目ですね。元気にやってますよ」と語った。
タイラと言えば、昔はこの人。井上平さんです。2016シーズンをもってSC相模原で現役を退き、指導者の道へ。「母校の法政大のコーチになって3年目ですね。元気にやってますよ」。


*****
スタンド・バイ・グリーン」のオススメ記事


【練習レポート】トレーニングマッチ vs 法政大『そのときに備える』(19.5.16)

【新東京書簡】第五十七信『ユースのダービーで実感、FC東京が強いわけ』後藤(19.5.15)

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook