【Jリーグ】「フライデーナイトJリーグで行った聞き取り調査について「昨年来場者の0~2回というほとんど来ていなかった方31%もいたり、昨年1回も来ていない方が11%もいた(Jリーグ・村井チェアマン)」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されている記事を全文掲載いたします。


「フライデーナイトJリーグで行った聞き取り調査について「昨年来場者の0~2回というほとんど来ていなかった方31%もいたり、昨年1回も来ていない方が11%もいた(Jリーグ・村井チェアマン)」~2019年第3回のJリーグの理事会より(1)~『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

3月19日、JFAハウスにて2019年3回目のJリーグの理事会が行われ、理事会後に記者会見が行われた。

今回より数回に分けて、理事会でのコメントをお届けしています。


○村井満チェアマン

「明治安田生命J1・J2・J3 すべてのカテゴリーが開幕しました。ルヴァンカップもグループステージがスタートしましたし、AFCチャンピオンズリーグのグループリーグもスタートして、いわゆるすべてのカテゴリーが開幕した中で、今日は少し時間がかかっていましたのは、入場数の直近のトレンドであったり、それからDAZNの視聴者のトレンドであったりと、そうした報告事項が結構たくさんありました。そういうような状況ですが、感触としては、なんとかいいスタートが切れたのかなと思っております。


明治安田生命J1リーグですが、開幕戦がフライデーナイトということで、昨年に続いて今年も金曜日の開幕でした。セレッソ大阪vsヴィッセル神戸戦はチケットも完売でしたし、DAZNの視聴数自体は未発表ですので数字を申し上げることはできないのですが、昨年の最多視聴数をさらにさらに大きく上回る結果でした。昨年一番視聴されたのはイニエスタ選手のデビュー戦だったヴィッセル神戸vs湘南ベルマーレ戦でしたが、その試合の2倍を上回る視聴者数という報告がありました。また第2節の川崎フロンターレvs鹿島アントラーズ戦がありました。どちらも実力のあるACL出場クラブですが、こちらも一位を超える数字でした。そういう意味では、第1節・第2節で昨年の1位を超えるような視聴者数が獲得されるという状況でした。


また今日報告した中では、(C大阪vs神戸戦の)フライデーナイトJリーグで、大阪の体育大学の学生さんに協力していただいて、スタジアムに来られていた415名の方々に対面インタビューを行いました。インターネット調査は定期的にやっているのですが、どうしても初めて来た人はJリーグIDを持っていないですし、リアクションされない方も多いので、今回インタビュー調査を行いましたが、その概況の報告もありました。

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook