【東京V】【練習レポート】写真ギャラリー『TM 順天堂大戦』

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料記事】【練習レポート】写真ギャラリー『TM 順天堂大戦』(19.3.18)スタンド・バイ・グリーン


17日、順天堂大とのトレーニングマッチ。チーム唯一の得点を決めたヴァウメルソンだった。スムーズに加速するドリブルは魅力。
17日、順天堂大とのトレーニングマッチ。チーム唯一の得点を決めたのはヴァウメルソンだった。スムーズに加速するドリブルは魅力。

キャプテンマークを巻いた河野広貴。激しいスライディングは、ちゃんとボールにいっている。
キャプテンマークを巻いた河野広貴。激しいスライディングは、ちゃんとボールにいっている。

永田拓也は後半になって縦に仕掛ける回数が増えた。
永田拓也は後半になって縦に仕掛ける回数が増えた。

このゲーム、内田達也はセンターバックで入り、後半からセンターハーフにポジションを上げた。
このゲーム、内田達也はセンターバックで入り、後半からセンターハーフにポジションを上げる。

1本目は鈴木智幸で、2本目は柴崎貴広がゴールマウスに立った。
1本目は鈴木智幸で、2本目は柴崎貴広がゴールマウスに立った。

安在達弥が右からクロスを放り込む。全体を通し、もっと前のめりな姿勢がほしい。
安在達弥が右からクロスを放り込む。全体を通し、より一層の前のめりな姿勢がほしい。

山本理仁。僕にとって、この人の頭のなかを想像しながらゲームを観戦するのは新たな楽しみになった。
山本理仁。僕にとって、この人の頭のなかを想像しながらゲームを観戦するのは新たな楽しみとなった。

途中からキャプテンマークを巻いた森田晃樹。「広貴くんから、おまえがつけろと」(森田)。もっとやれるはず。
途中からキャプテンマークを巻いた森田晃樹。「広貴くんから、おまえがつけろと」(森田)。もっとやれるはず。

もっとやれるはずなのは井上潮音も同様だ。
もっとやれるはずなのは井上潮音も同様だ。

さらに藤本寛也も。
さらに藤本寛也も。

先発出場した東京ヴェルディユースの馬場晴也。U‐18日本代表のセンターバック。
先発出場した東京ヴェルディユースの馬場晴也。U‐18日本代表のセンターバック。

同じくユースの松橋優安。U‐18日本代表のフォワード。
同じくユースの松橋優安。U‐18日本代表のフォワード。

山下柊飛は左サイドバックに入った。
山下柊飛は左サイドバックに入った。

後半からセンターバックに入った藤田譲瑠チマ。失点につながったミスを含め、すべてが貴重な経験になる。大丈夫、たとえば僕はこの仕事を始めて、軽く5千万回はミスをしてきた(多すぎ)。
後半からセンターバックに入った藤田譲瑠チマ。失点につながったミスを含め、すべてが貴重な経験になる。大丈夫、たとえば僕はライター業を始めて、軽く5千万回はミスをしてきた(多すぎだろ)。

【今日の即席会談】

試合終了後、ギャリー・ホワイト監督とすぐさま話し合っていたのが、ベンチでゲームを見ていた佐藤優平。今後の方向性を含め、いろいろと考えをすり合わせているのだろう。
試合終了後、ギャリー・ホワイト監督とすぐさま話し合っていたのが、ベンチでゲームを見ていた佐藤優平。今後の方向性を含め、いろいろと考えをすり合わせているのだろう。

*****
スタンド・バイ・グリーン」のオススメ記事


【練習レポート】トレーニングマッチ vs 順天堂大『ミスから崩れ、立て直せず』(19.3.18)

【マッチレポート】J2-4[H] 栃木SC戦『なぜ、敗れたのか』(19.3.17)

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook