【無料】JリーグがコナミとeJリーグウイニングイレブン大会(賞金総額1,500万円)を共同開催。賞金の使用用途について「例えばグラウンドの整備費用に充てたりとか、サポーターとのイベントに使っていただければ(コナミ・車田氏)」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されている記事を全文掲載いたします。


【無料】JリーグがコナミとeJリーグウイニングイレブン大会(賞金総額1,500万円)を共同開催。賞金の使用用途について「例えばグラウンドの整備費用に充てたりとか、サポーターとのイベントに使っていただければ(コナミ・車田氏)」『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

3月9日、JFAハウスにて、公益社団法人日本プロサッカーリーグ(以下Jリーグ)と株式会社コナミデジタルエンタテイメント(以下コナミ)のeスポーツ共同開催についての記者会見が行われた。


村井Jリーグチェアマンとコナミの早川英樹社長

会見には、Jリーグ・村井満チェアマンのほか、コナミの早川英樹社長、窪田慎二Jリーグマーケティング社長、コナミのプロモーション企画本部・副本部長の車田貴之氏が出席した。

会見では、Jリーグ)とコナミが共同でモバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』を競技タイトルに使用した e スポーツ「eJリーグ ウイニングイレブン 2019 シーズン」を共同開催することを発表した。

J1・J2クラブが搭載されるモバイルゲーム『ウイニングイレブン 2019』を使い、3月から開始されるオンライン予選の通過者が、6月のクラブ代表選考会へ進出し登録クラブが決定。その後7月の大会で優勝クラブが決定する。
大会の賞金総額は1,500万円で、各クラブには成績順位に応じて賞金が用意されている。


今回、賞金が個人ではなくクラブに用意された点について、コナミの車田貴之プロモーション企画本部・副本部長は「クラブが賞金を使って、例えばグラウンドの整備費用に充てたりとか、サポーターの方々とのイベントに使っていただいたりとか、そういった意味ではクラブサポーターを含めてeJリーグウイニングイレブンを盛り上げていきたいという意思の表れだと受け取っていただければ」とコメントしている。


大会詳細については、改めて公式サイト等(https://www.jleague.jp/ejleague/we/2019)で発表される。



*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事


J1の降格枠変更(3→2.5)とJ1参入プレーオフの導入について「競技レベル、全体的な過去との整合性、このあたりを見た時に、妥当なんじゃないかというのが今の私の認識(村井チェアマン)」~J.LEAGUE PUB Report 2018発行報告会より~(12)

【一覧】J.LEAGUE PUB Report 2018発行報告会の様子

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook