【東京V】【練習レポート】沖縄キャンプレポ10日目・写真ギャラリー『TM 川崎フロンターレ戦』

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料記事】【練習レポート】沖縄キャンプレポ10日目・写真ギャラリー『TM 川崎フロンターレ戦』(19.2.6)スタンド・バイ・グリーン


6日、川崎フロンターレとのトレーニングマッチ@吉の浦公園ごさまる陸上競技場。今季のユニフォームを着用し、ゲームに臨んだ。
6日、川崎フロンターレとのトレーニングマッチ@吉の浦公園ごさまる陸上競技場。今季のユニフォームを着用し、ゲームに臨んだ。

1本目、ゴールマウスを守るのは上福元直人。
1本目、ゴールマウスを守るのは上福元直人。

平智広が身体をすべらせ、パスカットを試みる。
平智広が身体をすべらせ、パスカットを試みる。

どういう調整をしているのか謎だが、奈良輪雄太は相変わらず抜群に動けていた。
どういう調整をしているのか謎だが、奈良輪雄太は相変わらず抜群に動けていた。

こちらも機動力なら負けていない梶川諒太。
こちらも機動力なら負けていない梶川諒太。

河野広貴の左足のキック。端戸仁とのコンビネーションで局面を切り開く場面も。
河野広貴の左足のキック。端戸仁とのコンビネーションで局面を切り開く場面も。

端戸仁は右足のシュートも威力がある。
端戸仁は右足のシュートも威力がある。

東京ヴェルディユース98年組、練習生の深澤大輝(中央大2年)。今回の悔しさをきっと肥やしにするだろう。
東京ヴェルディユース98年組、練習生の深澤大輝(中央大2年)。今回の悔しさをきっと肥やしにするだろう。

2本目、キャプテンマークを巻いたのは内田達也。
2本目の途中からキャプテンマークを巻いたのは内田達也。

井上潮音は奮闘を見せたが、流れを引き戻すほどの強さはまだ。
井上潮音は奮闘を見せたが、流れを引き戻すほどの強さはまだ。

コーナーキックの場面、佐古真礼(東京ヴェルディユース)の存在感よ。
コーナーキックの場面、佐古真礼(東京ヴェルディユース)の存在感よ。

ヴァウメルソンがフリーキックを蹴る。
ヴァウメルソンがフリーキックを蹴る。

森田晃樹はディフェンスでも貢献した。
森田晃樹はディフェンスでも貢献した。

45分3本で、0-5の大敗に失意を隠せない選手たち。
45分3本で、0-5の大敗に失意を隠せない選手たち。

【今日のここから始まる】

河野広貴は3本目の途中でピッチから退いた。なすすべなく敗れ、きつく唇を噛む。今日がスタートだ。
河野広貴は3本目の途中でピッチから退いた。なすすべなく敗れ、きつく唇を噛む。今日が新たなスタートだ。

*****
スタンド・バイ・グリーン」のオススメ記事


【練習レポート】沖縄キャンプレポ10日目・トレーニングマッチ vs 川崎フロンターレ『ただの練習試合とは片付けられない』(19.2.6)

【練習レポート】沖縄キャンプレポ9日目『グッドフィーリング』(19.2.5)

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook