【東京V】【練習レポート】沖縄キャンプレポ6日目・写真ギャラリー『TM サガン鳥栖戦』

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料記事】【練習レポート】沖縄キャンプレポ6日目・写真ギャラリー『TM サガン鳥栖戦』(19.2.2)スタンド・バイ・グリーン


2日、サガン鳥栖とのトレーニングマッチ@読谷村陸上競技場。毎年、寒さに凍えていたが、今年はあったかくて助かった。
2日、サガン鳥栖とのトレーニングマッチ@読谷村陸上競技場。毎年、寒さに凍えていたが、今年はあったかくて助かった。

出たー、フェルナンド・トーレス!
出たー、フェルナンド・トーレス!

こちらは東京ヴェルディの誇る男前、佐藤優平。レアンドロのゴールをアシスト。
こちらは東京ヴェルディの誇る男前、佐藤優平。レアンドロのゴールをアシスト。

ネマニャ・コイッチのパワフルなシュート。とりあえず、きっかけづくりに早めの1点がほしい。
ネマニャ・コイッチのパワフルなシュート。とりあえず、きっかけづくりに早めの1点がほしい。

奈良輪雄太のランで突破口をつくる。
奈良輪雄太のランで突破口をつくる。

コーナーキックの場面、李栄直の高いジャンプ。
コーナーキックの場面、李栄直の高いジャンプ。

梶川諒太が包囲されながらボールを逃がす。
梶川諒太が包囲されながらボールを逃がす。

金崎夢生と激しく競り合う練習生の谷口栄斗(国士舘大1年)。この火の出るようなマッチアップは見応えがあった。2本目、手痛いミスもあったが、僕はナイスファイトに拍手を送りたい。
金崎夢生と激しく競り合う練習生の谷口栄斗(国士舘大1年)。火の出るようなマッチアップは見応えがあった。2本目、手痛いミスもあったが、僕はナイスファイトに拍手を送りたい。

2本目スタート。小池純輝がクロスを入れる。後半は逆光がきつく、満足にシャッターを切ることができなかった。周囲ではなかなか見ないOLYMPASユーザーのわたくし。OMD E-M1 Mark2を愛用し、さらに今年中に出るらしい新型の超望遠レンズに手を出しちゃいそうだなあ(噂によると80万くらいになりそうだって......)。
2本目スタート。小池純輝がクロスを入れる。後半は逆光がきつく、満足にシャッターを切ることができなかった。周囲ではなかなか見ないOLYMPASユーザーのわたくし。OMD E-M1 Mark2を愛用し、さらに今年中に出るらしい新型の超望遠レンズに手を出しちゃいそうだなあと震える(噂によると80万くらいになりそうだって......)。

井上潮音の横を、こっちに出せと林陵平が駆け抜ける。
井上潮音の横を、こっちに出せと林陵平が駆け抜ける。

後半、途中から出てきた森田晃樹。1本、美しいスルーパスを出したが、オフサイドの判定。
後半、途中から出てきた森田晃樹。1本、美しいスルーパスを出したが、オフサイドの判定。


【今日のPKでしょう】

鳥栖のゴール前でこうなって、
鳥栖のゴール前で渡辺皓太とこうなって、

こうですからね。PKが妥当だったと思います。ただ、本来、相手の藤田優人は守備の上手な選手。元ヴェルディの安在和樹ともども、応援してますよ(写真撮りそびれた。ひそかに楽しみにしていたアンカズファンの皆さん、すまん)。
こうですからね。PKが妥当だったと思います。ただ、本来、相手の藤田優人は守備の上手な選手。元ヴェルディの安在和樹ともども、応援してますよ(写真撮りそびれた。ひそかに楽しみにしていたアンカズファンの皆さん、すまん)。

*****
スタンド・バイ・グリーン」のオススメ記事


【練習レポート】沖縄キャンプレポ6日目・トレーニングマッチ vs サガン鳥栖『古くて新しい問題』(19.2.2)

【練習レポート】沖縄キャンプレポ5日目『段違いのスピード感』(19.2.1)

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook