【Jリーグ】2018年シーズンのスタジアム観戦者調査を発表。観戦者の平均年齢は41,9歳、同伴子供を含むと36.4歳。2018シーズンの新規参入層は5.6%。新規観戦者が多かったのは、長崎、名古屋、札幌、神戸。

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されている記事を全文掲載いたします。


【ニュース】2018年シーズンのスタジアム観戦者調査を発表。観戦者の平均年齢は41,9歳、同伴子供を含むと36.4歳。2018シーズンの新規参入層は5.6%。新規観戦者が多かったのは、長崎、名古屋、札幌、神戸。『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

2019年1月31日、JリーグはJFAハウスにて、2018年シーズンのスタジアム観戦者調査のメディア報告会を行った。

スタジアム観戦者調査は、昨年の4月から10月の間、54クラブのホームゲーム来場者、11歳以上の男女23,416人に対し集合配布法を用いた質問紙調査法で行われた。

■観戦者の平均年齢は41,9歳、同伴子供を含むと36.4歳



今回の観戦者調査では、Jリーグ観戦者の平均年齢(J1・J2)は41.9歳(昨対+0.2)となり、J1は前年から+0.1歳上がったがほぼ上げ止まりの傾向となった。



また、同伴子供を含むJリーグ観戦者の平均年齢(J1・J2)は36.4歳(昨対+0.6)となり、J1は前年+0.1歳となった。


■2018シーズンの新規参入層は5.6%



2018シーズンから観戦を始めた新規参入層の構成比は5.6%となり、2017シーズン(6.6%)と同様の水準となった。
新規参入層の多いクラブは長崎(12.7%)、山口(12.5%)が突出しており、J1では札幌、名古屋、神戸、長崎が2018シーズンから試合を見に来る人数が多かったと発表された。

2018年度の調査結果こちら!(PDFファイル

Jリーグ観戦者調査(2004~)
https://www.jleague.jp/aboutj/spectator-survey/

※会見の詳細は、後日お届けする予定です。



*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事


【記事一覧】2017スタジアム観戦者調査メディア報告会

VARについて「どのテクノロジーを使うのかというところで今最終判断中です(Jリーグ・黒田氏)」2019年度第1回Jリーグ理事会後の会見より(1)

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook