【浦和】「完全復活の興梠慎三が杉本健勇との2トップのイメージを語る」など 沖縄キャンプ7日目ダイジェスト

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


無料記事:「完全復活の興梠慎三が杉本健勇との2トップのイメージを語る」など 沖縄キャンプ7日目ダイジェスト浦レポ by 浦和フットボール通信

「興梠慎三も完全合流!」沖縄キャンプ7日目 写真レポート

体調不良から復活して別メニューだった興梠慎三もチーム合流だ。




「強度の高いゲーム形式の練習を行う」沖縄キャンプ7日目 写真レポート

何と4分×6セットも行われたのだ。




完全復活の興梠慎三が杉本健勇との2トップのイメージを語る


沖縄一次キャンプの初日は、すごく元気そうで体調を崩してしまうような予兆も全く見られなかった興梠慎三選手。しかし、キャンプ2日目に体調を崩して丸2日も寝込んでしまったのだ。キャンプ4日目の午後練習には練習場に姿をみせたが、別の施設で軽く身体を動かしただけであった。

キャンプ5日目からは、体調不良から復活はしたが一から身体を作る状態であった。しかし、アスリートの身体は違うというべきなのか・・・・。興梠選手のポテンシャルがすごすぎるのか・・・。

キャンプ7日目の前日までは、軽いランニングをしたり体幹トレーニングをしていたのに、チーム合流した途端に、休んでいたのが嘘のようなパフォーマンスを見せていたのだ。




宇賀神友弥、ライバルの山中亮輔にポジションを明け渡すつもりは毛頭なし


横浜FMから山中亮輔選手が浦和へと移籍してきたことで「補強することに、正直な所、見返してやりたい」と闘争心をむき出しにしたのは、宇賀神友弥選手であった。

「山中選手は、スペシャリストな左足を持っていてサイドバックながらも、すごい攻撃的なところが特長だ。対戦していて、嫌だなと思う選手が浦和に来た。




【僕たち同部屋シリーズ第5弾】興梠慎三と同部屋でうれしくてたまらない森脇良太だったが・・・


「慎三と仲良くやってますね」と興梠慎三選手と同部屋になってうれしくてたまらない感じがヒシヒシと伝わってきた。

興梠選手と同部屋でうれしくてたまらないは、森脇良太選手であった。

しかし、キャンプ2日目から興梠選手が体調を崩して別々の部屋になってしまったのだ。




U-20日本代表影山監督が橋岡、荻原の状態に笑顔【こぼれ話】


今シーズンの開幕を目指して、各クラブがプレキャンプにしっかりと取り組んでいる中、U-20日本代表は1月29日に沖縄、2月1日に宮崎でわずか1日だけだがキャンプを行うことになった。

浦和からは、U-20日本代表候補として橋岡大樹選手と荻原拓也選手が招集される。浦和の沖縄一次キャンプも明日の午前練習で終了するが、橋岡選手と荻原選手は、明日はU-20日本代表候補として、沖縄SVと練習試合を行う。




「連日の激しいゲーム形式の練習に挑む男たち」写真ギャラリー<45枚>






*****
浦レポ by 浦和フットボール通信」のオススメ記事



宇賀神友弥、ライバルの山中亮輔にポジションを明け渡すつもりは毛頭なし


「連日の激しいゲーム形式の練習に挑む男たち」写真ギャラリー<45枚>

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook