【Jリーグ】J.LEAGUE PUB Report 2018発行報告会を開催

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されている記事を全文掲載いたします。


J.LEAGUE PUB Report 2018発行報告会を開催。「Jリーグを開いていき、良いことも悪いことも課題も全部、認識して議論していただいて改善していこうという目的で作っています(村井チェアマン)」『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

2018年12月19日、JリーグはJFAハウスにて、J.LEAGUE PUB Report 2018 発行報告会を開催した。

PUBとは・・・
「Participate」(参加して)
「Understand」(理解して)
「Build」(共につくる)
の頭文字で、さまざまな角度から眺めたオンザピッチやオフザピッチ客観的なデータや重要戦略の進捗を振り返り、それらの変化の兆しなどをまとめている。(PUBレポートサマリー資料より)


PUBレポートはこちら


今回のブリーフィングの冒頭、村井満チェアマンはPUBレポートの目的について次のように述べた。



○村井満Jリーグチェアマン
「おかげさまで昨日のJリーグアウォーズで2018年を締めくくることができました。みなさんのご協力に感謝しています。
今日は2018年全体を振り返るとともに、2019年以降の方向感をご提示させていただければと思います。
恒例となりましたが今年もPUBレポートを作成させていただきました。全日程が終わったのが12月8日で、サーカスのようなウルトラCで10日に原稿を入稿しましたので、相当細かく読むと誤字脱字もあるので、ネット版で少し修正していきます。印刷してアウォーズに間にあえばという段取りでやってきました。皆さんに読んでいただいてご意見やご批判をいただければと思います。

このPUBレポートはご説明するまでもありませんが、Jリーグを開いていき、良いことも悪いことも課題も全部、僕らが認識していることはそのまま認識して議論していただいて改善していこうという目的で作っています」


※報告会での内容の詳細は後日掲載する予定です。

*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事


【フォトニュース】明治安田生命みんなの健活プロジェクト、アンバサダー就任式開催。松岡修造さん、中村憲剛選手が血管年齢を測定し健康チェック!

【ニュース】Jリーグ、明治安田生命とのJリーグタイトルパートナー契約を新たに締結。新しい大会タイトルマークも発表。

banner_soccerpack_640-300.jpg

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook