【東京V】『ホーム最終戦、準備はいいか?』11月11日(日) J2第41節 カマタマーレ讃岐戦 13:00 味の素スタジアム

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【無料記事】【トピックス】『ホーム最終戦、準備はいいか?』11月11日(日) J2第41節 カマタマーレ讃岐戦 13:00 味の素スタジアム(18.11.9)スタンド・バイ・グリーン


群れのなか、李栄直の長身はひと際目立つ。
群れのなか、李栄直の長身はひと際目立つ。

■味スタを緑に染めろ

2018シーズン、ファイナル5の第4戦。11日のJ2第41節、5位の東京ヴェルディは22位のカマタマーレ讃岐と対戦する(13:00 味の素スタジアム)。

前節の松本山雅FC戦、李栄直がJリーグ通算100試合出場を達成。試合前にセレモニーが予定されている。

「大卒で6年目のシーズン、フツーに考えれば遅い達成ですね。ただ、ルーキーの頃の自分に『おまえ、これから100試合出られるよ』と言っても信じなかったでしょう。いまもヘタなほうですが、当時はなおいっそう技術がつたなく、実力がなかった。1年目が終わったとき、サッカー辞めたいと思いましたもん」

よくぞ、思い止まってくれたものである。李は、その理由に指導者やチームメイトなど周囲の手厚い支えを挙げた。

相手は古巣の讃岐、昇格争いの大詰め、他会場の結果によってはJ1昇格プレーオフ出場が決まる一戦だ。このシチュエーションに際し、李が燃えないわけがない。

「次の試合は、まずモチベーションや気持ちの高ぶりをどう抑えるかを考えています。というのも、毎試合目標を立てるなか、今度は特に設定値が高いんです。勝ちたいのは当然として、本音を言えば点だって取りたい。気持ちを出していくのは大事ですが、自分だけ突っ走っちゃうのはよくないので。チーム、スタンドのサポーター、周囲と極端な温度差が出ることなく、一体となり勢いを出していって勝点3を獲得したい」

今季のホーム最終戦。プレーオフに出場した場合、再び帰ってくる可能性はあるが、一応の区切りだ。

「以前、代表の試合でジャパンブルーに染まった味スタは見たことがあります。次は緑に染まった味スタを見てみたい。自分が本当に見たいのはそっちのほうです」

当日の天気予報は晴時々曇。チケットのご購入はヴェルディチケットまで。

前節の松本戦での故障が心配された奈良輪雄太。元気にトレーニングを行っている姿を見てひと安心だ。
前節の松本戦での負傷が心配された奈良輪雄太。元気にトレーニングを行っている姿を見てひと安心だ。

ホーム最終戦を前に、ロティーナ監督の囲み取材は通常より多めのメディアが集まった。
ホーム最終戦を前に、ロティーナ監督の囲み取材は通常より多めのメディアが集まった。

《クラブウオッチ》
「讃岐戦は、CSRパートナーである『株式会社ミロク情報サービス』のご協力のもと、『MJS DAY』として開催します。先着3690名様にオリジナルタオルマフラーをプレゼント!」とクラブ関係者。おそらく高品質の素材を使用しているのだろうMJSのタオルは長持ちすると評判である。
「先日、新たにコーポレートパートナーに加わってくださった『日本瓦斯株式会社(ニチガス)』が初めてブースを出展します。限定コラボグッズの贈呈もありますよ。マスコットキャラクターのスルーノ三世をあしらったものとだけ聞いていて、それがキーホルダーなのか、あるいはストラップか......」(クラブ関係者)。万が一、やたらとかさばるクッションとかだったら、どうしてくれるんだ。何が出てくるかは、当日のお楽しみである。
讃岐戦は小中学生 先着5000名を無料招待(要事前申込み)。また、対象席種が最大40%オフとなる『ヴェルディチケットクライマックス割』も販売中だ。「入場者数の見込みは、1万人に届けば御の字といったところでしょうか。今季は予想を大きく上回ることもあるので、そこに期待したい」と語るクラブ関係者の口調はやや自信なさげ。ここで周囲の助けが必要なのは言うまでもないだろう。残り2日間、最後の追い込みである。

[今季の1試合平均入場者数] 5,706人( 13/22位)
過去3シーズンの1試合平均入場者数
2015年 5,655人
2016年 5,402人
2017年 6,206人

ホーム最終戦にひとりでも多く呼び込むべく、田村直也とクラブスタッフ、サポーターの有志で街頭でのチラシ配布も行った。
ホーム最終戦にひとりでも多く呼び込むべく、田村直也とクラブスタッフ、サポーターの有志で街頭でのチラシ配布も行った。

讃岐戦のMDP(マッチデイプログラム)は趣向を凝らしたものになりそうだ。そのために選手たちの直筆メッセージを集める。
讃岐戦のMDP(マッチデイプログラム)は趣向を凝らしたものになりそうだ。先週、そのために選手たちの直筆メッセージをスタッフが集めた。

こちらは泉澤仁のボツ案。いったん提出したあと、「やっぱ違う。書き直したい」とやってきて再提出。何を書いたかは当日のお楽しみである。ちなみに僕の感想は「ピュアか」。
こちらは泉澤仁のボツ案。いったん提出したあと、「やっぱ違う。書き直したい」とやってきて再提出。何を書いたかは当日のお楽しみである。ちなみにそれを見ての僕の感想は「ピュアか」。

●ランド地獄耳●
▼キャプテン、ムカデに嚙まれていた事件が発覚。いまを去ること1ヵ月半前、J2第35節の栃木SC戦に向けてのトレーニング中、井林章の足先に強い刺激が走った。「スパイクの隙間に入り込んでいたみたい。びっくりしましたね。画びょうが刺さったのかと思った。幸い、大事には至りませんでした」(井林)。相棒を務める平智広は「フツー気づきません? だって、アップを開始してから20分くらい経っていたんですよ。履く前にチラっと中を確認するけどなあ」と不思議顔だった。

【読者投稿コーナー】

★今回のお題一「2018年、私のヴェルディ事件簿」

「やっぱりあのタイミングでの畠中の移籍ですかね(笑)。レアンドロと泉澤仁が移籍してきたことも驚きでしたが」(神奈川県 S.O.)

「ずっと応援していた林陵平選手が帰ってきてくれた。本当にうれしかったです。私の場合はこれに尽きますね。ヴェルディをJ1に導くゴールを決めてほしい!」(大阪府 ピコリン/22歳 男性)

「アウェーの愛媛戦のとき、空港で会ったロティーナ監督に握手してもらったこと。分厚くて、あったかい手でした」(神奈川県 VVV/女性)

「味スタでの大宮戦の帰り、勝利に浮かれて財布の残金を留意せずに東京散策していたら、帰りにまさかの事態が。高速バスのチケットを電子チケットにしておいたつもりが、乗車時に運転手さんから『紙チケットしか対応していない』という衝撃の一言。その場での現金払いをしようにも、現金は底をついていた。銀行も閉まっていて、帰りのバスの車内では勝利の余韻に浸ることなく、罪悪感しかありませんでした」(新潟県 カシワギワカサギ/19歳 男性)

※読者投稿のご協力、どうもありがとうございました。また、来年!

*****
スタンド・バイ・グリーン」のオススメ記事


【無料記事】【SBG探偵局】file6『若狭大志は振り向かない』(18.11.7)

【マッチレポート】J2-40[A] 松本山雅FC戦『痛みは、当然だ』(18.11.5)

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook