【大宮】笠原昂史「リスク管理はしっかりやっていかなければいけない」【練習コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:笠原昂史「リスク管理はしっかりやっていかなければいけない」【練習コメント】OmiyaVision

前節、先発復帰して勝利に貢献した笠原。今節・栃木戦に向けてリスク管理の重要性をあらためて強調した

■笠原 昂史
――古巣・水戸戦の勝利を経て、チームの現状は?
「特に変わることなく、自分たちが勝つだけかなと。勝利に向けて全員でやっていければいいと思います」

――終盤戦に入って、バランスの取り方で意識していることは?
「前節は先に失点してしまいましたけど、先制されると難しくなってしまう。先制されないためのリスク管理はしっかりやっていかなければいけないと思っています」

――リスク管理をしつつ前へのパワーをどう出していきたい?
「攻撃ではちょっとボールを動かすことに意識が行き過ぎることがあるのかなと。僕の見ている感じでは、特に例えば立ち上がりはどんどん背後を狙っていっていい。サイドを起点にして攻撃していけばいいとも思います。後ろでしっかり作る技術のある選手がそろっていると思うので、その使い分けをうまくやっていけば、もっと幅の広い攻撃ができるんじゃないかなと思います」

――水戸戦でセットプレーから打開できたことは頼もしい?
「もちろんキックの質が高い選手がそろっていますし、スタッフの方々がいろいろなプレーを考えてくれたりもしています。セットプレーというのは一つの武器だと思いますし、さらに多くのセットプレーを取るためにもどんどんボールを前に運んでいくことが大事。シュートで終わるということが大事になると思います」

――我慢する展開への手ごたえは?
「チームとして守備のやり方をもう1回整理してきている段階ですし、水戸戦では一つ取られましたけど、そのあとはしっかり抑えられていた。相手のパワーが落ちたところもあったと思いますけど、ある程度全員の共通理解は深まってきていると思います。今後、どんどん試合を重ねていけば、ラストに向けてまた一段階良いものができてくるんじゃないかと思います」

――今節・栃木戦に向けては?
「本当に勝つだけですね。大黒(将志)選手は常にディフェンスラインと駆け引きしながら、相手の背後やセカンドボールを狙っている選手。その動きから目を離さないように、常に声を掛けておければいいかなと思います。先に点を取られると、相手も守備の堅いチームですし、厳しくなってくる。焦れずに戦っていけば必ずチャンスは来ると思いますし、必ず点を取ってくれるという信頼感もあるので、だからこそ先に取られないようにやっていければいいかなと思います」

――水戸戦では自身のロングフィードをチャンスにつなげたが?
「水戸には昨季までいたこともあって、下げたボールに対してセンターバックの選手がラインをコンパクトにする意識の高い選手だった。背後を狙うのはチャンスかなと思っていて、前半、ちょっと長くなり過ぎてしまった部分もありましたけど、一つはチャンスにつながったのはよかったかなと思います」

――今後もスキがあれば狙いたい?
「(キックの)距離を出せるというのは、僕の持ち味の一つ。僕からのパスでゴール前までいけるのなら、そんなに簡単なことはない。どんな形でもゴールはゴール。狙い過ぎることなく、チャンスのときに1本つなげられるような集中力を持ちながら、ゲームをやっていければいいかなと思います」

*****
OmiyaVision」のオススメ記事


マテウス「セットプレーは大事にしなければいけないし、集中もしなければいけないポイント」【練習コメント】

マテウス-個人とグループが噛み合って到達した2ケタ得点【コラム/PlayerVision】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook