【FC東京】トップチームがFC東京U-18出身の長谷川光基を擁する順天堂大学と引き分け

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


トップチームがFC東京U-18出身の長谷川光基を擁する順天堂大学と引き分け【ニュース】トーキョーワッショイ!プレミアム


小平グランドで旧交を温めていた、順天堂大学の長谷川光基。

◆小平に帰ってきた長谷川光基

 9月9日、FC東京は小平グランドで順天堂大学と45分×2本の練習試合をおこない、2-2で引き分けた。
 J3に派遣した選手たちを除くトップチームの面々が参加。アジア大会から帰国した岡崎慎はスタートから出場、途中からは田邉草民や内田宅哉もプレーした。

 いっぽうの順天堂大学は岡崎同様、アジア大会から戻ってきたばかりのU-21日本代表フォワード旗手怜央、そしてFC東京U-18からことし入学した長谷川光基を擁する強力メンバーが出場。終盤に追いつき、引き分けに持ち込んだ。

 試合を観戦していた佐藤一樹FC東京U-18監督は「一つひとつの技術はやはりFC東京トップチームのほうが上」と、ラインのウラに落とすキックの精度などディテールの技術の差を分析していた。
 順天堂大学の長谷川もそれは認めていたが「通用する部分もあった」とも。これからコンディションを上げていく東京にとり、歯ごたえのある調整試合となったようだ。



*****
トーキョーワッショイ!プレミアム」のオススメ記事

U-16日本代表青木友佑のドッピエッタで約5カ月ぶりの勝利!【プレミアEAST第12節第1報】

アウエーで首位と接戦も、最後に無情の結末【J3第22節】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook