【大宮】富山貴光「自分がスイッチを入れられるように働きかけている」【練習コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:富山貴光「自分がスイッチを入れられるように働きかけている」【練習コメント】OmiyaVision

前線からの守備によってチームにスイッチを入れる存在である富山。"まずは守備"の意識を押し出し、連動した守備を取り戻したい

■富山 貴光
――東京V戦からの立て直しで意識することは?
「まずは守備から。失点してしまうと夏場はキツいですし、最低でも1失点に抑えないと厳しいので、守備のところは意識しながらやっています。みんなでコミュニケーションを取りながら、もう少し前に行ったほうがいいとき、もっと構えながらコンパクトな陣形を保ちながら、スイッチを入れるとき、そういうのを確認しながらやれているかなと思います」

――守備のスイッチ役としての意識は?
「相手がゆっくり回しているとき、バックパスが入ったとき、センターバックがサイドに持ち出したとき、ちょっとずつサイドに限定していくことがうまくできれば、守備はハマっていける。そのあたりは自分がスイッチを入れられるように働きかけているので、試合でもやれたらいいと思っています」

――愛媛戦ではどういう形で試合に入りたい?
「まずは無失点に抑えることは意識しながら。前半は0-0でもいいですし、本当に無失点に抑えることをまずは意識して、流れが悪くてもしっかり我慢して耐えながらやっていく。点は取れていますし、前半が悪くても後半は良くなることが多い。前半は耐えながらやることが大切かなと思います」

――好調時の我慢強さを取り戻していく?
「そこをあらためてしっかりやっていくこともそうですし、失点がこうやって続いている中で、無失点に抑えられれば勝点3は見えてくる。まずはそこからやっていきたいなと思います」

――前回対戦も踏まえて愛媛の印象は?
「僕の後輩の近藤(貴司)もそうですし、前にすばしっこい選手を置いていて、ボールをつなぎながら裏へのアクションが耐えないチーム。本当に一瞬のスキを与えないようにしたい。前回対戦も一瞬のスキからやられてしまったので、1ミリもスキを与えないように、声掛けやポジショニングをサボらずにやっていくことが大切になると思います」

――フリーで裏に蹴らせたくはない?
「蹴らせないようにうまく守備をしながら、でもそれだけじゃない。ほかの状況も見ながら、うまくやっていければいいかなと思います」

*****
OmiyaVision」のオススメ記事


山越康平「なるべく自分たちの前で守備をすることは意識したい」【練習コメント】

三門雄大 - 仲間への信頼を胸に、妥協なく前に進むチームリーダー【コラム/PlayerVision】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook