【大宮】笠原昂史「しっかりとしたメンタリティーで試合に臨めればいい」【練習コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:笠原昂史「しっかりとしたメンタリティーで試合に臨めればいい」【練習コメント】OmiyaVision

笠原は連敗に対してもネガティブになり過ぎないことを強調する。強気な守備を後方から支え、再びチームに勢いを生み出したい


■笠原 昂史
――連敗から今節・熊本戦に向けてどう立て直していく?
「すべてが悪かったわけではないですし、今までやってきたベースもある。良い意味で切り替えて、またホームでできますし、簡単な相手ではないですけど、また浮上のきっかけにしたい。全員が自分のプレー、チーム全体のプレーを見つめ直すきっかけにしていければ。大事な一戦になると思います」


――短い準備期間で取り組みたいことは?
「前節に関して言えば、相手が一人少なくなったところでのメンタリティーの部分で、自分たちで難しくしてしまった部分もある。どの場面、どの局面でも全力でプレーしないと勝てないということが本当に分かったと思います。痛い代償は払いましたけど、また浮上していくきっかけになるゲームでもあったと思っています。まだ何も終わっていないですし、一つひとつ勝っていけばまだチャンスはある。そういうところからやっていければと思います」


――敗戦もポジティブに捉えられるように結果を残していきたい?
「本当にそうなっていけばいいと思いますし、ネガティブな考えをしていても仕方ない。全員で前向きにプレーできれば、自分たちは力あるチームだと思いますし、しっかりとしたメンタリティーで試合に臨めればいいかなと思います」


――今節の相手・熊本の印象は?
「前線の2トップが力強い選手で、ワイドに速い選手がいる。前線に特長を持った選手がいるチームですけど、自分たちが前向きに、いまできていることをしっかりやっていければ、守れなくはないと思います。自分たちのコンセプトを守りながら、強気に守備をしていければいいんじゃないかなと思います」


――熊本は2トップの高さ、セットプレーも警戒したい?
「体を寄せることだったり、まず相手に自由にやらせないことが大事になってくる。そんなにセットプレーにネガティブになることなくやっていきたい。前節も『セットプレーを与えたくない』という思いから、自分たちのピンチを招く場面もあったと思います。『セットプレーを与えても守れるんだよ』という意識でプレーできれば、もっと余裕と自信を持ってプレーできる。そういうところに働きかけていければいいかなと思っています」


――フィールドプレーヤーに思い切りを持たせたい?
「プレーエリアにもよると思いますけど、でもやっぱり奪いに行かないとボールは取れない。そこで起こってしまうファウルは多少、しょうがない部分もある。『与えたくない』と腰が引けてしまうよりは、僕はいいかなと思います」


――3連戦を締めくくる一戦となるが?
「前節はPKと難しい場面でしたけど、あそこで僕が防げていれば、勝ちに持っていけたゲームだと思います。実際に前節の大分vs愛媛では愛媛の岡本(昌弘)さんがPKを一つ止めて、それが勝ちにつながっている。そういうところでチームの力になれなかったという思いはありますけど、終わってしまったことは仕方がない。熊本戦で無失点に抑えて、チームに貢献できるようにやっていければいいかなと思います」

*****
OmiyaVision」のオススメ記事


大前元紀「熊本戦でしっかり勝つことができれば、まだまだチャンスはある」【練習コメント】

数的優位とリードを生かせず。結果への焦燥が招いた、あまりにも痛い逆転負け【マッチレポート/J2第25節・松本戦】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook