【Jリーグ】Jリーグ、51クラブの経営情報を先行発表。事業規模がJリーグ史上初めて1,000億円を突破。営業利益・営業費用ともに拡大均衡で推移。

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【ニュース】Jリーグ、51クラブの経営情報を先行発表。事業規模がJリーグ史上初めて1,000億円を突破。営業利益・営業費用ともに拡大均衡で推移。『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

5月25日、JFAハウスにて、51クラブの経営情報を先行発表した。(3月決算の柏、磐田、YS横浜を除く)
会見にはJリーグ木村正明専務理事、青影宜典クラブ経営戦略部部長が出席し、青影氏が概要の説明を行った。


主なトピックスとして発表されたのは以下の通り。(J1・J2・J3の表記はすべて2017年度のもの)

(1)J1・J2・J3合計の事業規模はJリーグ史上初めて1,000億円を突破。

(2)営業利益が100億円増加(2016年度と比較)
⇒2011年度以降、7年連続で増加。同時に営業費用も約102億円増加し、拡大均衡で推移

(3)DAZNとの契約により、Jリーグ分配金が全体で約55億円増加。さらにクラブの営業努力によるその他の営業収益も例年と同水準で増加。

(4)2016年度に引き続き、J1・J2・J3全てのクラブで、3期連続赤字、債務超過がゼロとなる見込み。
⇒単年度赤字のJ1・J2クラブは11クラブ。(鹿島、新潟、G大阪、神戸、水戸、千葉、横浜FC、湘南、金沢、京都、山口)。このうち金沢、京都が2期連続赤字。
単年度赤字のJ3クラブは鳥取、琉球の2クラブ。ともに2期連続赤字。

(5)浦和レッズは、Jリーグ史上最高営業利益を上回り、79.7億円を計上。

※会見での内容、コメントの詳細については後日掲載する予定です。

*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事


☆再掲載【村井チェアマン会見から2017シーズンのJリーグを紐解く!】その2『外国籍選手の登録枠拡大。~厳しい競争の中で出場機会を獲得せよ~』

JリーグがVARを導入するために必要なこととは?「まず最初に言えることは、早急に導入しないこと。そしてVARの使用目的が何なのか、きちんと理解すること(デイヴィッド・エルレイ氏)」~VARに関するメディア説明会より(7)~

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook