【審判批評】柏レイソル×名古屋グランパスのジョーの幻のゴールはオフサイド?玉田のゴールはオンサイド?畑尾のインパクトとDFのクリア?【審判批評画像検証】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


無料:柏レイソル×名古屋グランパスのジョーの幻のゴールはオフサイド?玉田のゴールはオンサイド?畑尾のインパクトとDFのクリア?【審判批評画像検証】石井紘人のFootball Referee Journal

FIFAワールドカップ2018ロシア大会が行われるため、約二ヵ月の中断期間に入るJリーグ。その中断前、最後の試合となった第15節の名古屋グランパス×柏レイソル戦で、オフサイドを巡り、四つの難しい判定があった。

35分の和泉のハーフボレーのゴールが、オフサイドポジションにいた畑尾が相手GKに『インパクトを与えた』ということでオフサイドになったシーンと41分のジョーのゴールの前の玉田に対して、なぜオフサイドフラッグをあげてしまったのかは後程議論するとして、

結果的にナイスジャッジとなった64分の玉田のゴール。


そして、90+4分のジョーのポジションがオフサイドかどうか。

この二つは画像で見れば一目瞭然である。


*****
石井紘人のFootball Referee Journal」のオススメ記事


無料:鹿島アントラーズ昌子がとられたハンドリングでのPKはミスジャッジ【ACL上海上港戦モハメド・アブドゥラ・ハッサン審判団批評】

30分の浦和レッズ橋岡に対するサガン鳥栖小林のホールドでPK?オリヴェイラ監督のいうようにファウルをとらない試合だった?「誤解から生じた」【家本政明審判団批評】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook