【甲府】「後ろに人数がいるよりも、前に攻撃の枚数を増やしたという思いがあった」上野展裕監督記者会見【J2第13節 熊本1-4甲府 コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


「後ろに人数がいるよりも、前に攻撃の枚数を増やしたという思いがあった」上野展裕監督記者会見【無料記事 J2第13節 熊本1-4甲府 コメント】山梨フットボール

「後ろに人数がいるよりも、前に攻撃の枚数を増やしたという思いがあった」上野展裕監督記者会見

選手たちは本当によくやってくれたと思います。ハードワークしてくれたし前からボールを追って、フォアチェックをしてくれて、その結果得点を取ることができたと思います。ミスもありましたが、この結果を積極的にドンドンと繋げたい。もう少し点が入る可能性もあったが、失点する確率もあって(相手にも)決定機があったのでそこを減らしながらどんどん成長していきたい。今回の勝利は自分がというよりも、前監督(吉田達磨氏)が築いたものであり、選手の頑張り、ファン・サポーター、甲府の皆さんのサポート、応援があって勝てたと思います。

――ボランチを含めて高い位置からプレッシャーを掛けていたが、上野監督から見て変わったと思う点は?

積極的に行こうと話をした。チームが持っているフォアチェックの形もあり、それがハマり、選手はよくやってくれたと思っています。

――(先発)メンバーを替えた狙いは?

積極的にやりたいと思い、後ろに人数がいるよりも、前に攻撃の枚数を増やしたという思いがあった。"前に出て行こう"、"積極的に攻めよう"と選手が理解してくれた。選手が積極的にやるところは持っていたもので、それを積極的に発揮してくれたと思います。

――熊本のDFラインがバックパスや横パスを出した瞬間に甲府の(ボールを奪いに行く)スイッチが入ったように見えた。熊本のビルドアップに対する狙いは?

それもありますし、前から積極的に行きたいというのもあった。(熊本は)繋いでくるのもあるし、背後に蹴ってくるのもあるので、ボールを引っかけに行きました。

――チームは6試合ぶりの勝利、上野監督にとっても甲府での初勝利です。この勝利の意味は?

(監督に就任したばかりで私は)まだ何もしている訳ではないので、選手が持っていたものを...前監督が築いたものがあって...その土台があったから勝てたと思います。こんどはドンドン上乗せしていきたい。

――今日の選手交代3枚の中には3日後のルヴァンカップ(A札幌戦)を意識したものも入っていますか?

多少(の意識は)ありますが、大半は選手の足が攣るなどの疲労です。(ジュニオール)バホスはよくやってくれたので休ませようと思いました。ゾノ(金園英学)は調子が上がってきていたのでプレーの機会を与えたかったです。

*****
山梨フットボール」のオススメ記事

「5バックの亡霊と向き合うきっかけになるのか、今のままで退治できるのか」【2018明治安田生命J2リーグ 第13節 熊本対甲府 プレビュー】

「もうアンタには頼らない、次は運がなくても勝つ!」【2018明治安田生命J2リーグ第12節 甲府1-1山口 レビュー】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook