【町田】鈴木孝司「僕が3点を取れば逆転できると思って試合に入った」【大分トリニータ戦/選手コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【★無料掲載】鈴木孝司「僕が3点を取れば逆転できると思って試合に入った」【大分トリニータ戦/選手コメント】町田日和

■明治安田生命J2リーグ第11節・4月28日(土)14:00キックオフ
大分銀行ドーム/7,205人
大分トリニータ 4-3 FC町田ゼルビア
【得点者】大分/3分 馬場賢治、31分 馬場賢治、45分 馬場賢治、90分 伊佐耕平 【町田】47分 酒井隆介、84分 平戸太貴、90+3分 藤井航大

【マッチサマリー】
12分に退場者を出し、数的不利に立った上に前半を終えてスコアは0-3。下を向いてもおかしくはない状況下でFC町田ゼルビアは、後半に不屈の闘志を見せた。

後半開始直後の47分に井上裕大のクロスボールを酒井隆介がヘディングで決めて、反撃の狼煙をあげると、84分に途中出場の鈴木孝司が右サイドで起点を作った形から大谷尚輝のクロスに平戸太貴が飛び込んで1点差に詰め寄った。

しかし、後半のアディショナルタイム突入直後の90分にカウンターから4失点目を献上。町田は再び追い込まれたが、90+3分に奥山政幸のFKに藤井航大が頭で合わせて再度1点差に詰め寄った。ところがあと1点及ばず、3-4で惜敗。最後の最後まで粘り強い戦いを見せた選手たちを相馬直樹監督は「選手たちのプレーは尊敬に値する」と話し、彼らの奮闘を労った。


GNJ_0989.jpg

■鈴木孝司
ーー追いかける展開の中で試合に入りましたが、どんなプレーをしようとイメージしながらピッチに立ちましたか?
「僕が3点を取れば逆転できると思って試合に入りましたし、もっとボールが来いと思いながらプレーしていました」

ーー負傷からの復帰戦になったことについては、どんな心境ですか?
「自分がなんとかしないとこのまま試合が終わってしまうと思っていました。良い流れにもっていきたかったですし、もっと自分がやらないといけないという気持ちが強かったです」

ーー途中からピッチに入って、選手たちの雰囲気や空気感は最前線でどのように感じていました?
「FWが一人だったけど、前から追いかけている中で、相手もボールを下げたくれたことでプレッシャーをかけ続けていればボールを取れるかもしれないという感覚ではありました。GKのキックの精度も高くなかったので、一つボールを引っ掛けていく形を作れそうでした。その精度を高めていければ、もう少しチャンスがあったと思います。やはり改善点もあります」

ーー次の東京ヴェルディとの『東京クラシック』に向けて、どんな準備をしていきたいですか?
「連戦と言っても中4日なので、コンディションをしっかりと作って、1分でも試合に出たらゴールを決めたい気持ちは強いです。次は同じ人数で戦えると思うし、そうなればもっとチャンスも作れるのかなと思います。そのチャンスで仕留められるように、良い準備をしていきたいです」

*****
町田日和」のオススメ記事

藤井航大「9人でも点差を詰めることで戦う姿勢を見せられた」+大谷尚輝【大分トリニータ戦/選手コメント】

奥山政幸「結果的には負けたので、誰一人満足していない」+井上裕大【大分トリニータ戦/選手コメント】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook