【町田】酒井隆介「実は古巣と試合をするのは初めて。絶対に負けたくなかった」【松本山雅FC戦/選手コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


【★無料公開】酒井隆介「実は古巣と試合をするのは初めて。絶対に負けたくなかった」【松本山雅FC戦/選手コメント】町田日和

■明治安田生命J2リーグ第5節・3月21日(水・祝)18:00キックオフ
町田市立陸上競技場/3,037人
FC町田ゼルビア 2-1 松本山雅FC
【得点者】町田/74分 藤井航大、81分 平戸太貴 松本/87分 セルジーニョ

【マッチサマリー】

試合当日の朝から雪や雨が降り続く悪天候の中、声を枯らし、応援を続けたファン・サポーターの期待に応える3試合ぶりの勝利だった。

0-0で迎えた74分。ゴール前中央でFKを得た町田はキッカーの平戸太貴がGK守田達弥とDF飯田真輝の間にFKを供給すると、藤井航大がわずかに触ってゴールネットを揺らし、待望の先制点を奪った。81分には前がかりになった松本に対して、町田が鋭いカウンターを浴びせる。相手のアタッキングエリアでボールを奪った奥山政幸がロングカウンターを発動。左サイドを駆け上がった奥山がエリア内に侵入してきた戸高弘貴につなぎ、そのパスを受けた戸高がドリブル突破で二人をかわすと、戸高が平戸にグラウンダーのパスを供給し、平戸がダメ押しとなる追加点を決めた。

終盤の87分にカウンターから反撃の1点を食らったが、そのまま2-1で町田が逃げ切り、今季ホーム2勝目を達成。1得点1アシストで勝利に貢献した平戸が「チャレンジする姿勢を全面に押し出せたことが勝因」と話したように、終始アグレッシブに戦った町田が3試合ぶりの勝利を手にした。

■酒井隆介
ーー移籍後初出場でチームの勝利に貢献するプレーができたのでは?
「そうですね。ただ最後の失点をしてしまっていますし、それも防げたと思っています。次の試合ではしっかりと修正して臨みたいです」

ーーこの悪天候の中で意識していたプレーは?
「とにかく簡単にシンプルなプレーに徹することを意識していました。あとはラインを合わせて走ること。それだけです」

ーーラインコントロールも積極的に自分から発信できていた印象です。
「この悪天候に慣れるまで時間はかかりましたが、慣れたあとは自分で発信するような動きや声がけもできていたと思います」

ーー相手の攻撃陣に対して、守る場面で意識していたことは?
「行ける場面では行くし、かわされそうになれば、ステイするとか、そういう判断をしながらプレーしていました」

ーーこの初出場をきっかけに、出場機会を増やしていきたいという思いでしょう。今後に向けてはどうしていきたいですか?
「守備陣の調子が良いので、今後の試合にも出られるように練習からアピールしていきたいです」

ーー今日の自分の出来に点数をつけるとしたら?
「半分の50点です。もう少し頑張りたいです」

ーー移籍後初出場が古巣の松本戦となりました。
「実は古巣と試合をするのは初めてでした。絶対に負けたくなかったです。山雅の応援を聞いて、懐かしいなと思いながらウォーミングアップをしていました。勝てて良かったです」


*****
町田日和」のオススメ記事


高原寿康「1試合1試合を積み重ねながら戦っているので、順位を意識することはない」+戸高弘貴、井上裕大【松本山雅FC戦/選手コメント】

3POINT CHECK【松本山雅FC戦/マッチプレビュー】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook