【大宮】笠原昂史「前向きにできるような声掛けをしていければ」【練習コメント】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:笠原昂史「前向きにできるような声掛けをしていければ」【練習コメント】OmiyaVision

徳島戦での奮闘が記憶に新しい笠原。今節こそ好プレーを勝利につなげたい

■笠原 昂史
――前節・徳島戦を終えて、次の試合に向けて意識していきたいことは?
「まず無失点に抑えること。そこだと思います。プレッシャーに行くとなったら、もっと勢いを持って行ってもいい。必要であれば一人が二度追い、三度追いしないといけない場面も出てくると思うので、プレッシャーのスピードだったりを出していけたらいいんじゃないかと思います。準備ができていなければ(プレッシャーに)行かせることはできないので、後ろから主導権を持ってやれればいいと思います」

――徳島戦は陣形が間延びしがちに見えたが?
「相手にボールを持たれる時間が長くて、前は行きたい、後ろはもうちょっと我慢したいというところのギャップがあったと思います。途中からは前からも行けるようになっていましたし、時間帯によって多少、後ろが重くなってしまうのは仕方ない。そういうときは前をこんとするということができれば、なおさら良かったかなと思います」

――大宮での初出場を経て、個人として感じたことは?
「そこまで悪かったわけではないので、これをベースに続けていければと思います。プレシーズンからずっとやってきていますし、昨季の試合に出ていたフィーリングも残っているので、特に新しい発見というところはないですね。ただ、本当に素晴らしいスタジアムでプレーできたことは誇りですし、まだまだパフォーマンスを上げていけるようにやっていければと思います」

――連携面はイメージどおりに近くなってきた?
「まだ100%にはならないですけど、どんなときでも100%に近付けていかないといけないと思っています。プレシーズンからその準備はしっかりできているので、問題ないと思います」

――連敗からの立て直しのためにどうアプローチしていきたい?
「どうしても、負けているとネガティブになってしまう状況に陥りやすいと思います。前向きにできるような声掛けをしていければと思います」

――今節対戦する金沢の印象は?
「守備はゾーンディフェンスというよりはマンツーマンでキッチリやってくるイメージです。やっぱりカウンターでは強烈なFWがいますし、リスクマネジメントのところをしっかりやっていければと思います。(連敗の状況だと前がかりになる可能性もあるが?)そこは役割分担だと思います。誰かが行けば誰かが戻ればいい。その穴埋め作業というのを、穴が空かないようにやっていければいいと思います」

――金沢で警戒したい選手は?
「以前大宮にいた沼田(圭悟)選手は左足にすごく良いものを持っていると思いますし、FWにもポイントになれる佐藤(洸一)選手がいる。そのあたりですね。カウンターが持ち味だと思うので、しっかり準備をしておけばいいんじゃないかなと思います」

*****
OmiyaVision」のオススメ記事


嶋田慎太郎「個人のところでももっとエネルギーを持っていかないといけない」【練習コメント】

★無料記事:原崎塾、開講【フォトレポート】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook