【横浜FM】「椿にはチャンスがあるだろう」とアイザック・ドル。期待の新星のトップチームデビューは時間の問題 [椿直起の2種登録について]

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。



「椿にはチャンスがあるだろう」とアイザック・ドル。期待の新星のトップチームデビューは時間の問題 [椿直起の2種登録について] <無料>ザ・ヨコハマ・エクスプレス

22日、マリノスはユース所属のMF椿直起をJリーグの公式戦に出場可能な2種登録としたことを発表した。背番号は40となる。

今季は始動直後の石垣島キャンプ、二次の宮崎キャンプの全日程に帯同し、FC琉球との練習試合では仲川輝人のゴールをアシストに成功するなど存在感を発揮。縦方向へのドリブル突破でチャンスを作り出し、プロ相手でも物怖じしない姿勢が際立っていた。

一昨年、昨年に続き3年連続での2種登録となるが、過去2年は公式戦出場の機会はなし。だが今年は過去2年とは異なり、開幕前のタイミングで登録されたあたりに評価の高さがうかがえる。

18日に行われたFC東京との練習試合にも途中出場しているように現場レベルでも評価は高い。当面はルヴァンカップグループステージなどで出場機会をうかがう。アイザック・ドルスポーティングダイレクターは「椿にはチャンスがあるだろう」と話しており、期待の新星のトップチームデビューは時間の問題だ。




*****
ザ・ヨコハマ・エクスプレス」のオススメ記事

キャンプからバブンスキーと熾烈なポジション争いを繰り広げてきた中町公祐。戦術理解能力の高さを生かして一歩リード [練習レポ]

遠藤渓太は1得点したFC東京との練習試合を「開幕前最後のチャンスだと思っていた。一つのアピールにはなったのかなと思う」と振り返った [練習レポート]

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook