【Jリーグ】J1の観戦者平均年齢が調査開始以来初めて前年比マイナスに。「若年層に対して比較的親和性の高い情報を提供できたことが大きかった(Jリーグ・出井宏明 氏)」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


J1の観戦者平均年齢が調査開始以来初めて前年比マイナスに。「若年層に対して比較的親和性の高い情報を提供できたことが大きかった(Jリーグ・出井宏明 氏)」『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』

2018年1月29日、JリーグはJFAハウスにて、2017年シーズンのスタジアム観戦者調査のメディア報告会を行った。


会見に出席したJリーグデジタル・出井宏明専務は「来場者数が増えてきている中で平均年齢が上げ止まってきている。今までにいてくれた方に加えて新しい方が入ってきている。Jリーグの次の25年を見据えて、今まで支えてきていただいているファン・サポーターを大切にしながら、若い方に入ってきていただきたい」と話した。

説明を行うJリーグデジタル・出井宏明専務

今回の観戦者調査では、J1の観戦者平均年齢が調査開始以来初めて前年比マイナスとなり、40.1歳(昨年は40.8歳)となった。リーグ平均も41.7歳(前年41.6歳)と前年とほぼ同じ平均年齢となっている。その要因について、出井専務は「製作著作がJリーグとなったことでクリップ映像を(SNS等の)オウンドメディア等で幅広く出すことができ、若年層に対して比較的親和性の高い情報を提供できたことが大きかった。また、昨年のこの時期にトラブルもありましが、DAZNさん、DAZN for docomo さんがJリーグを素材としてたTVスポットCMをたくさん出してくださったことも大きかった」と分析している。

また、クラブ別で見ると、横浜FMが平均36.6歳と最も若く、2位の川崎Fをはじめ、4位磐田、5位G大阪も若い世代が大幅に増えていることがわかる。

【クラブ別 平均年齢】(去年)単位=歳
1位 36.6 横浜FM(37.0)
2位 36.9 川崎F(40.7)
3位 38.2 鹿島(37.7)
4位 38.3 磐田(41.2)
5位 38.4 G大阪(40.2)
6位 38.6 鳥栖(38.9)
7位 38.9 C大阪(39.2)

2017年度の調査結果こちら!(PDFファイル

Jリーグ観戦者調査(2004~)
https://www.jleague.jp/aboutj/spectator-survey/

※会見の詳細は、後日お届けする予定です。

*****
『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』」のオススメ記事

【無料】Jリーグ女子マネージャー佐藤美希さんが「Jリーグ名誉マネージャー」に就任

【無料】Jリーグ村井チェアマン再任へ。3月の社員総会で正式決定~1月のリーグの理事会より~


RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook