【大宮】大前元紀 - 覚悟のシーズンを終えて(前編)【選手レビュー2017】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


★無料記事:大前元紀 - 覚悟のシーズンを終えて(前編)【選手レビュー2017】OmiyaVision


■決意のシーズンの結末

2017シーズンを迎えるにあたって大宮が獲得した戦力の中で、最も実績があり、期待値が高かった選手は間違いなく大前元紀だ。前年こそJ2での戦いを強いられていたが、長年にわたって清水を牽引し続けたアタッカーは、今季のチームの象徴的存在として迎え入れられた。

ただ、終わってみればリーグ戦はわずか2得点。そのうち勝利につながったものはホーム・仙台戦の1点のみで、期待に応えられたとは言えない。

出だしは決して悪くなかった。開幕戦・川崎F戦では流れの中から一つ、セットプレーから一つ、合わせて2つの決定機を作り、後に王者となるチームに冷や汗をかかせた。

しかしその後に欠場したFC東京戦、磐田戦を落とすと、先発復帰した第4節・甲府戦からはキレを欠く。速い時間帯の交代も増え、勝負のさいたまダービーではベンチスタート。不振の続くチームが目の前の結果への比重を強めるとともに、出場時間は減少していくことになる。その流れは伊藤彰監督体制でも変わらなかった。

開幕前、大前は長く過ごした清水を離れる決断に「怖さはあります」と明かしていた。それだけに決意と覚悟を持って迎えたシーズン。不本意な思いは当然、強い。

●後編へ続く

*****
OmiyaVision」のオススメ記事


大前元紀 -覚悟のシーズンを終えて(後編)【選手レビュー2017】

★無料記事:原崎政人ヘッドコーチ、藤原寿徳GKコーチの就任を発表【チームニュース】



RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook