【大宮】大前元紀「どのポジションのどういう選手もアグレッシブに戦わなきゃいけない」

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。
大宮アルディージャ、大前元紀選手のコメントになります。


★無料記事:大前元紀「どのポジションのどういう選手もアグレッシブに戦わなきゃいけない」【OmiyaVision


新体制では再びFW起用となりそうな大前。FWの新たな役割を前向きに捉えている

■大前 元紀
――石井監督になって感じる変化は?
「いまはFWをやらせてもらっている中で、FWがまず抜け出すところというのは意識してトレーニングしています。比較するわけじゃないですけど、(伊藤)彰さんの場合は走ったところのスペースを使っていて、石井さんは走ったスペースにボールを落ち着かせて、下げるなりしたところからゲームが始まる印象です。FWとしては裏に走ったときにしっかりボールが来て、ゲームを作ったりできているというのは、やっていて面白いと思います」

――練習中にも裏抜けを見る意識付けは進んでいる?
「かなり進んでいると思いますね。それで攻撃もシンプルというか、ゴールに直結していると思うので、やっていて良い感触はあります」

――チームとしての攻撃という面では?
「みんながシンプルにやるところはやれていると思いますし、手数を掛けたり、仕掛けたりというところの位置について監督もだいぶ言っている。そこは変わってきているかなと思います」

――シンプルだからこそ結果につながりやすい感覚はある?
「まだ公式戦はやっていないですし、どういう感じのメンバーになるかもまだ分からないですけど、俺らはもう残り3試合に勝つしかない。それは今までもずっと変わらない状況で、その中でやってきて勝てていない。やっぱり何かを変えなきゃいけないし、そのタイミングを会社として、チームとしての決断になったと思います。残り3試合にしっかり勝たなきゃいけないってみんな思っていると思うので、割り切って勝てるようにやっていけたらいいと思います」

――守備面の変化はFWとしてどう受け止めている?
「FWなのでコースを限定すること、前からプレッシングすることが僕らも役目だと思います。その中でしっかりコースを切るという部分では、やりにくさはないですね。後ろの声をしっかり聞いてやれればいいのかなと思います」

――攻守ともにアグレッシブさが重要になる?
「残り3試合、どのポジションのどういう選手もアグレッシブに戦わなきゃいけないと思うし、その中でもちろん一人ひとりが自覚を持って、意識を持ってやれれば勝てると思っています」

――時間がない中での仙台戦で勝つためには?
「やっぱり点を取らなきゃ勝てないし、チームの一人ひとりが無失点に抑えるという気持ちを常に持ちながらやることも大事。でも0-0じゃ残留はできないので、得点というところは個人として常に狙っていきたいと思います」

――仙台戦は今季も得点を決めているが、良いイメージはある?
「ユアスタでは今までに点も取っていますし、印象の良いスタジアムではあります。しっかり自分が点を取るのもそうだし、チームが勝てるように助けていきたいなと思います」

*****
OmiyaVision」のオススメ記事

瀬川祐輔「いまはしっかりイメージを持った上でやれている」【練習コメント】

★無料記事:笑顔の先には...【フォトレポート】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook