【川崎】谷口彰悟と中村憲剛の掛け合いに見るチーム状態の良さ【コラム】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


谷口彰悟と中村憲剛の掛け合いに見るチーム状態の良さ【コラム】川崎フットボールアディクト


報道陣に囲まれた谷口彰悟を横目に、取材対応を終えた中村憲剛が去り際に一言。

「もうCK蹴らないから(笑)」

瞬時に爆笑に包まれる報道陣と谷口。

広島にペースを握られていたこの日、チームを落ち着かせた谷口の先制点はリーグ通算7点目。リーグ通算6点の憲剛を抜いた形となっていた。

もちろん憲剛の言葉が、勝利チームの仲のいい選手同士の軽い冗談なのは明らかだったが、そこでさらに谷口が一言。

「越しちゃったんですよね。それだけは避けたかったんですが(笑)」

二人が見せたこの冗談の応酬に、さらにミックスゾーンに笑顔が広がった。

試合展開的には必ずしも思い通りの展開ではなかったが、それでも敵地で3−0で勝利。勝ち点3を持ち帰ることになったチームの余裕が出た場面に思えた。

この後19時から行われる横浜FM対鹿島の展開を見守りたいところ。

(取材・文/江藤高志)


【コメント】 J1 第30節 広島vs川崎(中村憲剛)「三好のゴールなども言ったら、スカウティング通りなので。ワンボランチなのでね」

【コメント】 J1 第30節 広島vs川崎(三好康児)「シュートはまずミートすることを考えました」

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook