【Jリーグ】八百長・ドーピング・暴力・ハラスメントの防止へ。JFA・Jリーグ・JSCが「2017インテグリティセミナー」を実施。

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


八百長・ドーピング・暴力・ハラスメントの防止へ。JFA・Jリーグ・JSCが「2017インテグリティセミナー」を実施。『Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~』


10月18日、東京都内でJFA(日本サッカー協会)・JSC(日本スポーツ振興センター)・Jリーグが「2017 インテグリティセミナー」を実施した。
今年で3回目を迎えるこのセミナーは、Jリーグ・Jクラブの組織ガバナンス向上によるスポーツインテグリティの確保を目的として行われている。

「インテグリティ(Integrity)」とは、
高潔さ、品位
完全な状態
を意味する言葉です。
スポーツにおける「インテグリティ」とは、「スポーツが様々な脅威により欠けることなく、価値ある高潔な状態」を指します。
本来、スポーツには人々を幸福にし、社会を善い方向に導く力があるといわれています。スポーツが本来持つ力を発揮するためには、その前提として、スポーツの「インテグリティ」が守られていることが重要です。
しかし、スポーツ界にはいま、ドーピングや八百長、スポーツ指導における暴力、ハラスメント、ガバナンスの欠如など、「インテグリティ」を脅かす様々な問題があります。
Jリーグ公式サイトより引用

セミナーには、Jリーグ各クラブ(※浦和はACLのため欠席)のコンプライアンスオフィサーを中心に、Jリーグや百年構想クラブの関係者など99名が参加。このうち第一部がメディアにに公開された。


会の冒頭で、日本サッカー協会・田嶋幸三会長は「改めて日本サッカー界全体で子供たちの教育からプロ選手やアマチュア選手を含めて教育をしっかりしていく必要があるし皆さんと共有していきたい」と挨拶。


Jリーグ・原博実副理事長は「みなさんに学んでくださいという前に、我々Jリーグとしても本当に襟を正していきたい。我々の中でも、いろいろな問題が起きています。例えばハラスメント問題だったり、いろいろな問題が起きています。社会情勢の変化によってみんなで学んで共有していければ」と挨拶した。(※村井満チェアマンはFIFA関連の会合による欠席)


Jリーグでは今年6月に中西大介常務理事(当時)が不適切な言動(パワーハラスメントおよびセクシュアルハラスメント)で辞任した経緯もあり(※詳細)、Jリーグのコンプライアンスオフィサーを務める木下由美子理事から、再発防止へ向けての取り組みが紹介された。

非公開となった第二部では、組織におけるリスクマネジメントについての講義が行われた後に、参加者がグループに分かれてワークショップ・グループワークなどが行われた。



J1クラブはスタジアム・トレーニング施設は全て充足。J2クラブの中でJ1ライセンスが取得できなかったのは水戸・町田・讃岐の3クラブ。~クラブライセンス判定結果発表および説明会より(5)~

「未充足のB等級施設の例としては、衛生施設・トイレの数が足りない。それから観客席の屋根が1/3以上覆われていない(Jリーグ・青影氏)」~クラブライセンス判定結果発表および説明会より(4)~

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook