【川崎】阿部浩之、ピッチを歩く

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


阿部浩之、ピッチを歩く【麻生レポート】川崎フットボールアディクト



阿部浩之がピッチに降りてきた。
17日の練習時のことで、ピッチの外周を時間をゆっくりと歩いた。これは負傷離脱後では初めてだとのこと。

その阿部は10日に「中途半端に戻りたくないと思ってます」と述べており、良くなっているからこそのメニューのようだ。ちなみにここから先の治療方針については改めてスタッフと相談して決めると話していた。

ルヴァン杯決勝を意識していたが、あせらずに戻ってきてほしいところ。

ちなみに14日の仙台戦の得点時に左の臀部を気にしていたエウシーニョは、この日別メニューでジョギングする姿が見られた。この写真はその時のもの。

(取材・文・写真/江藤高志)


【レポート】J1 第29節 川崎vs仙台 諦めない気持ちが大逆転を呼び込む。中村憲剛の400試合出場を等々力劇場が祝福

【コメント】 J1 第29節 川崎vs仙台(中村憲剛)「一つポイントを上げるとすれば0?2になった時に(試合を)投げたやつが誰もいなかったということ」

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook