【群馬】(監督コメント)J2第36節 ザスパ対徳島  ザスパ、1−4大敗。次節にもJ3降格圏決定

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載いたします。


無料記事【監督コメント】J2第36節 ザスパ対徳島  ザスパ、1−4大敗。次節にもJ3降格圏決定(Gマガ)


【コメント】J
2第36節 ザスパ対徳島  ザスパ、1−4大敗。次節にもJ3降格圏決定

森下監督「本気で戦えない選手はプロをやめた方がいい」

【結果】

ザスパ 1−4 徳島

(前半 1−3)

(後半 0−1)

【得点】

2分:山﨑凌吾(徳島)

20分:岡田翔平(ザスパ)

22分:山﨑凌吾(徳島)

25分:渡大生(徳島)

95分:大﨑淳矢(徳島)

【戦評】

選手に責任を押し付ける指揮官

弱すぎる。それに尽きる。ザスパが、徳島に1対4の大敗を喫した。J2残留のためには、必死で守らなければいけないザスパだったが開始2分、ヨソンヘがカウンターで持ち出したところを奪われると、最終ラインが乱れてあっさりと失点。前半20分に岡田翔平が1点を奪い返したが、その2分後の前半22分に、左クロスからヘッドで決められて1対2。さらに前半25分には再び、左クロスから3失点目。球際でまったく戦えないザスパは前半を1対3で折り返す。後半は、攻撃の回数こそ増えたが、プレー精度が上がらずに時間を浪費。試合終了間際にもダメ押し点を決められて、1対4の情けない敗戦となった。ピッチ上に、残留への気迫は存在しなかった。ザスパは最短で次節にもJ3降格圏が決定する。いよいよ指揮官が責任を取る瞬間が近づいている。森下監督は「本気で戦えない選手はプロを辞めた方がいい」と、選手に責任を押し付けた。

森下仁志監督

本当にサポーターの方に申し訳ない気持ちでいっぱいだ。90分通して、勝つんだという気持ちを相手よりも出して戦った選手が何人いるか。戦っているふりをしても、徳島さんが一人ひとりが能力があって戦う姿勢をみせてくるので、逃げて勇気のないプレーをすれば、こういう結果になる。スタイル、うんぬんではなく、その辺のところがうちのチームは甘い。そこを徹底してやれる選手で残り6試合やるしかないと思っている。

Q 守備で裏を取られたか?

いや、うまく行かなかったので戦術的な問題よりもメンタル的な問題。今のやり方だったら、後ろが3枚でも4枚でも5枚でも6枚でも守れない。

Q 前へ行く選手が少なかったが?

それは選手に聞かないと分からない。3対1の状況であきらめてはいけない。クラブとして徳島が大きいわけで、自分たちはどこよりも小さいわけで、それならばどこよりも戦う気持ちを出さなければいけない。そうしなければ良くなっていかない。その甘い部分が出た。弱気になるとやられるのがサッカー。人のせいにしているから、そうなる。

Q 次節で降格圏確定するが意気込みは?

選手にも言ったが、本気で戦うこと。普段、一生懸命練習しても、ここで出さなければ何の意味もない。お金と時間を使って、遠くへ来てくれたサポーターに申し訳ない。それができないならプロの選手を辞めた方がいい。



無料記事【結果】J2第36節 ザスパ対徳島  ザスパ、1-4大敗。次節にもJ3降格圏決定


【Gマガ】 DFパクゴン 「チームの力を信じて戦うだけ」



RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook