ヴァンラーレ八戸、奈良クラブ、FC今治にJ3クラブライセンスが交付される~9月のリーグの理事会より~

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を全文掲載させていただいております。
今回は「Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~」からの記事になります。



【無料】ヴァンラーレ八戸、奈良クラブ、FC今治にJ3クラブライセンスが交付される~9月のリーグの理事会より~Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~
2017年09月28日更新

2017-09-29_0632_1.png

この中で、2018シーズンJ3クラブライセンスの申請があったJリーグ百年構想クラブ(J3入会を希望するクラブ)に関する判定結果について、ヴァンラーレ八戸、奈良クラブ、FC今治の3クラブにJ3クラブライセンスが交付されたことが発表された。(詳細)

村井満チェアマンは「今日承認されたクラブについては、今後、11月の理事会でJリーグ入会を承認され(平均入場者数2,000人超、年間事業収入1.5億円以上等の基準が規定されている)、JFLの競技成績で順位要件(JFL4位以内、かつ百年構想クラブのうち上位2クラブ)を満たせば、J3リーグへの参加が認められます。特に今治や八戸は入会前にサッカー専用スタジアムを用意するなど、既存のJクラブでも整えられていない中で言えば、本気でJリーグ入りを志していただいていることに本当に感謝しています」と述べた。

また東京武蔵野シティFCは、ホームスタジアムの「武蔵野陸上競技場」が、J3ライセンス基準を満たさないため不交付となった。

既存のJ3クラブについては、10月の理事会で審議される。

その他、以下のリリースも本日Jリーグからリリースされている。

ヴァンラーレ八戸FCホームタウン追加について
マーケティング委員会 委員長選任について
2018シーズン以降のJリーグYBCルヴァンカップ 大会方式について
スポーツ・オブ・ハート2017 を後援



Jウォッチャー ~日本サッカー深読みマガジン~」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。

【無料】鹿児島と琉球がJ2ライセンスを新たに取得。J1ライセンスは昨年と変わらず40チームに交付される。

群馬・山口のクラブハウスについて「自治体の皆さんのクラブ愛の感じられる素晴らしい施設ができました(Jリーグ・佐藤氏)」~2017年のスタジアム動向より~(6)

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook