石川直宏の決断を尊重しつつ、引退を寂しがる中村憲剛

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を掲載させていただいております。
今回は川崎フロンターレを中心としたWEBマガジン「川崎フットボールアディクト」からの記事になります。



石川直宏の決断を尊重しつつ、引退を寂しがる中村憲剛【麻生レポート】川崎フットボールアディクト
2017年08月02日更新

IMG_7756w-640x427.jpg

8月2日に引退を表明した石川直宏について、中村憲剛が「寂しいですね」と話した。

「クラシコというと、オレとナオでしたよね」と話すのは彼ら両選手がそれぞれのチームの象徴でもあるから。「(長友)佑都、武藤(嘉紀)が海外に行ってもナオが居たから(チームは大崩れしなかった)」のではないかとも述べている。

その石川の引退表明について「(象徴的な選手だった石川が)居なくなるのは大きいことだと思います。そういう選手が居なくなると、チームとしては小さい損失ではないと思う」としつつ、「ああいう性格の選手だから、チームに貢献できない歯がゆさもあったでしょうし」と語り、同年代の選手の決断を尊重する立場を示した。

「1個年下でしたしね。またひとり(同年代の選手が)居なくなってしまうのか、という感じです」としみじみと語った。

(取材・文・写真/江藤高志)



川崎フットボールアディクト」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


【レポート】クラブユース準決勝 FC東京U18超えならずも、進歩を感じる0-2の敗戦

【レポート】J1 第19節 川崎vs磐田 意外な大敗。負けは負けとして反省して、次につなげたい

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook