「桃ジャム作ります」(今日のクマちゃん)【甲府】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ記事を掲載させていただいております。
今回はヴァンフォーレ甲府を中心としたWEBマガジン「山梨フットボール」からの記事になります。


「桃ジャム作ります」【7月19日の練習場から 今日のクマちゃん】山梨フットボール
2017年07月20日更新

【今日のクマちゃん】

DSC05068-640x359_1.jpg
1対1のカウンターやシュート練習でアグレッシブに挑む熊谷駿。

クロスが確実に増えているがゴールが決まらないチームの現状においてチャンスが――大きいかどうかは分からないが――膨らむのが熊谷駿。高さとフィジカルを賢く生かせば相手にとって相当な脅威になるし、ゴール前のセンスは非凡。ウイルソンが別メニューで調整する中、吉田達磨監督にアピールしたいところ。DFとの1対1のカウンター的なシュート練習では吉田監督に「もっと速く走ってもいいんだぞ」と言われる場面もあり、スピード面やアジリティに課題はあるもののクロスが合えばパンチ力のあるシュートは見せる。リーグ戦の再開後は鹿島、G大阪、浦和とビッグクラブとの対戦が続く中で、チームの戦い方次第ではチャンスが巡ってきそうなだけに表情は引き締まっている印象。

7月19日は練習前に海野一幸会長夫妻から桃の差し入れがあり、選手は練習後に食べたり、持ち帰っていたが熊谷は推定8個を持ち帰り。どうするのか聞くと、「ジャムを作ります」と宣言。片手鍋などはなくフライパンしか持っていないが、必要なら買い足してクックパッドを見て作るそうだ。

DSC05109-450x800_2.jpg
桃ジャムを作ると言いながらも、「どうやって作ればいいんですか?」と聞いてくるくらいなので思い付きかもしれないが、料理という武器が増えるのは悪いことではない。



山梨フットボール」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。

クロスをゴールに繋げるためにゴール前の枚数を増やし、精度を上げる【7月19日の練習場から】

2失点で絶望の前半から、後半の2ゴールで繋がった希望。優勝の可能性をギリギリ繋げる勝点5ポイント差で折り返し【アカデミー U-18 山梨県ユースリーグ1部】

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook