大島僚太の足の状態について【川崎】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は川崎フロンターレを中心としたWEBマガジン「川崎フットボールアディクト」から大島僚太選手に関する記事になります。




大島僚太の足の状態について【麻生レポート】川崎フットボールアディクト
2017年05月27日更新

途中出場のムアントン戦で15分だけ出場。その間にチームが奪った2点を後方支援し、すぐに交代を余儀なくされた大島僚太が、27日に今の足の状態について話してくれた。

アウェイのムアントン戦後、大島は日本に帰って検査すると話していたが、話を聞いたところ出血はなかったという。27日の練習を回避していたが、肉離れではなかったということのようだ。ただし痛みはまだあるようで、引き続き治療を続けるという。

今回の問題のきっかけは、鹿島戦の早い段階で右足を痛めていたということ。それがスネとふくらはぎの痛みにつながっていたとのことだった。強度の高い試合だっただけに、そのしわ寄せを受けた形だ。

30日に行われるラウンド16セカンドレグのムアントン戦もそれに続くJリーグの横浜FM戦も現時点では白紙の状態だとのことだが、しっかり治してもらったほうが見ている側としても安心できる。ここからのシーズンはまだ長いということを考えると、無理だけはしてほしくないところだ。

(取材・文/江藤高志)



川崎フットボールアディクト」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。


調整にあてられた26日の練習【麻生レポート】

【レポート】ACL R16 第1戦 ムアントンvs川崎 先制されながらも交代采配で逆転。敵地で勝利しベスト8進出に一歩近づく

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook