オフサイドとなった伊藤翔のゴールを画像検証「横浜FMvs甲府」【審判批評】

有料WEBマガジン『タグマ!』編集部の許可の元、タグマ!に掲載されているJリーグクラブ有料記事を全文掲載させていただいておりますこの企画。
今回は審判批評を中心としたWEBマガジン「石井紘人のFootball Referee Journal」から横浜Fマリノス×ヴァンフォーレ甲府戦に関する記事になります。



【無料コラム松尾一審判団批評】ヴァンフォーレ甲府ドゥドゥのシミュレーションとオフサイドとなった横浜Fマリノス伊藤のゴールを画像検証石井紘人のFootball Referee Journal
2017年05月15日更新

昨日行われたJ1第11節横浜Fマリノス×ヴァンフォーレ甲府戦でミスジャッジがあった。

0-0で迎えた20分。横浜Fマリノス伊藤翔のヘディングがゴールネットを揺らすが、松尾一審判団はオフサイドと判定する。が、ミスジャッジだと思う。

2017-05-15.png

そこまで難しい見極めではないように思えたが、なぜ副審は見極められなかったか。また、49分のドゥドゥが倒れたシーンがシミュレーションとなった理由。57分のハンドリング含め、FBRJでしっかりと議論し、取材したい(参考記事:松尾一審判団がオフサイドとシミュレーションとした理由と採点は?)。


石井紘人のFootball Referee Journal」ではこのほかにも下記の記事などを掲載中です。

【福島孝一郎審判団批評】コンサドーレ札幌菅のシュートがガンバ大阪ファビオの手に当たってもハンドリングとならなかった理由とは?

【松尾一審判団批評】ヴァンフォーレ甲府ドゥドゥのシミュレーションとハンドリングとオフサイドとなった横浜Fマリノス伊藤のゴールを画像検証

RANKING

タグマ! RANKING

    RECOMMEND

      Facebook